« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月25日 (月)

考古学フォーラム情報BOX817

▼ 発掘調査========

  • 豊川市:

 「史跡三河国分寺跡確認調査現地説明会」

 今年度の調査では、塔跡北側に広がる空閑地にて上土塀に伴うものと想定される並行に延びる2条の南北溝を検出したほか、この溝の一部で出入り口が想定される箇所も確認しています。その他、講堂跡北東の調査区では平安期の大型土坑から奈良三彩の火舎の破片が出土しました。これらの成果につきまして、現地説明会を実施する運びとなりましたのでご連絡いたします。

日 時:令和3年1月31日(日)午前10時から正午まで、午後1時から午後3時まで(時間内に自由に見学)

場 所:史跡三河国分寺跡(豊川市八幡町本郷地内)

駐車場:会場近隣に臨時駐車場を用意してあります(約150台)

公共交通機関:名鉄本線「国府」駅下車徒歩約25

その他:荒天の場合は中止とし、開催の可否を当日午前8時に市HPにてお知らせします。

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場の際はマスクの着用をお願いします。

    体調のすぐれない方の来場はご遠慮ください。

問合せ:豊川市教育委員会生涯学習課 TEL0533-88-8035

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ 展示会・講演会・研究会========

瀬戸蔵ミュージアム:

企画展「瀬戸の青磁−その始まりと展開−」

期 間:令和3年1月16日(土)〜令和3年4月18日(日)

 瀬戸では19世紀初頭前後に磁器生産が開始され、肥前の青磁生産開始から約200年後に青磁の生産が始まりました。江戸後期の瀬戸の磁器生産は染付がその中心で、多くの作品・資料が残されていますが、青磁に関しては伝世品や出土例もあまりなく、生産量は限られたものであったと推測されます。

 明治時代に入ると、呈色剤としての酸化クロムの使用が始まり、また色彩豊かな絵付や他の釉薬との併用など、様々に装飾された「青磁」がつくられるようになり、広く一般に浸透していきました。

 今回の展示は瀬戸におけるこうした青磁への取り組みを、草創期の江戸後期から、明治・大正期までの作品を中心にご覧いただきます。

 

http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2011031500092/

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

考古学フォーラム情報BOX816

■ 展示会・講演会・研究会========

  • 静岡市立登呂博物館

冬季企画展「ちっちゃ」展

開催期間:202119日(土)-2021228日(日)

休館日:月曜日/祝日の翌日(1/11は開館)

 考古学資料の中には、様々な形の資料があります。

 今回は、普段目立たないけれど、よく見ると可愛い、きれいなど愛着が湧くような小さい資料にスポットを当てました。

大きさを比べると「ちっちゃ」なものや、どれだけ大きくしても「ちっちゃ」なもの、また、人々の想いが込められた「ちっちゃ」なものを紹介します。

★セミナー・講演会

企画展関連講演会「縄文」×「ちっちゃ」

企画展「ちっちゃ」展の関連講演会です。

 縄文時代について紹介するフリーペーパー「縄文ZINE」の生みの親、望月昭秀氏をお招きし、縄文時代の「ちっちゃ」なものについて語っていただきます。普段博物館をじっくり見ない方にこそおすすめの講演会です。

日 時:令和3年1月30日(土)13301500

場 所:登呂博物館1階 登呂交流ホール

講 師:「縄文ZINE」編集長 望月 昭秀 氏

定 員:40

会 費:100

申 込:令和3年1月9日(土)900〜登呂博物館(054-285-0476)にて電話受付

備 考:新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、当イベントを中止する場合があります。中止になった場合、当ホームページにてその旨お知らせします。

 

https://www.shizuoka-toromuseum.jp/

 

1_20210118064201

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

考古学フォーラム情報BOX815

■ 展示会・講演会・研究会========

  • 豊橋市:

史跡ウォーキング「第1回 石巻古墳ウォーク!」

 市内でも古墳が集中する石巻地区を舞台に、古墳巡りを巡るウォーキングイベントを開催します。国史跡・馬越長火塚古墳群、県史跡・権現山古墳群、市史跡・宮西古墳などを巡ります。

 当日は、馬越長火塚古墳群の発掘調査現地見学会を同時開催の予定です。

 古代ロマンあふれる古墳巡りをお楽しみください。

開催日:令和3年1月23日(土)(雨天の場合は、翌日に延期)

    ※延期の場合は豊橋市美術博物館HP内でお知らせします。

受 付:当日9301400に、馬越町集会所(豊橋市石巻本町字宮前)で受付(事前申込不要)

参加料:無料

内 容:豊橋市北部・石巻地区の古墳を各自で巡ります。

服 装:歩きやすい服装で(全行程約3.5km、約2時間程度)

感染症対策:検温のうえ、発熱・体調不良の方は、参加をお控えください。

      手洗い。手指消毒をし、マスクをご持参ください。

      受付で、検温・手指消毒、連絡先カードの記入にご協力ください。

交通案内:臨時駐車場あり(ただし、台数は限られます)

     豊鉄バス「馬越」バス停から徒歩10分、「和田辻」バス停から徒歩40分

問合先 :豊橋市文化財センター 電話0532566060(行事開催日は不在)

その他 :参加者には記念品(オリジナルトートバック)をプレゼントします。

 

http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=1613

 

B2

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

考古学フォーラム情報BOX814

■ 展示会・講演会・研究会========

  • 愛知県陶磁美術館:

企画展

「日本陶磁の源・陶邑窯—猿投窯の前に立ちはだかった巨大な壁—」

期 間:202119() 321()

休館日:毎週月曜日(ただし111日(月・祝)は開館、112日(火)は休館)

   本展では、陶邑窯の作品群を以下二つのテーマから紹介します。

1 古代史の潮流をも読み解ける、陶邑窯のダイナミックな作風の軌跡に迫ります。

2 陶邑窯に続き、やきもの界の主役へ躍り出る、当県の猿投窯の作品を加えることで、古代のやきもの産地の二大巨頭の魅力を見比べます。

   陶邑窯を軸に古代のやきものの魅力に迫る、全国的にも類を見ない展覧会です。

 

Photo_20210104094001

 

★関連イベント

スペシャル講座1「陶邑窯研究の最前線」

 新進気鋭の若手研究者が語る陶邑窯研究の“今”に迫りましょう。

 日 時:26日(土)午後130分から3時まで

 会 場:愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂

 講 師:尾崎綾亮氏(愛知県埋蔵文化財調査センター)

 ※定員50名(事前申込不要、先着順)、聴講無料

 

スペシャル講座2「陶邑窯衰退以降の須恵器—平安京周辺の須恵器づくり」

 新進気鋭の若手研究者と須恵器づくりの継承者たちの物語に迫ります。

 日 時:220日(土)午後130分から1時間程度

 会 場:愛知県陶磁美術館 本館 地下講堂

 講 師:稲本悠一氏(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター)

 ※定員50名(事前申込不要、先着順)、聴講無料

 

学芸員・大西遼による連続講座「古代史×陶邑窯」

 陶邑窯から見える躍動的な古代史の世界を担当学芸員と一緒に覗いてみませんか。

 日とテーマ:

 1.110()「古墳時代の産業革命−陶邑窯誕生!」

 2.124()「海を渡った最新技術、大和政権の傘下に至る」

 3.221()「飛鳥時代の食器革命」

 4.37()「奈良時代の造形美−陶邑窯最後の隆盛」

 5.321()「古代やきもの史の両雄−陶邑窯と猿投窯」

   時 間:いずれも午後130分から1時間30分程度

 会 場:愛知県陶磁美術館 本館1階ロビー

 ※参加無料、事前申込不要(ただし、企画展観覧券が必要です。)定員50名。

 ※途中からの講座に参加も可能です。また、各回のみの参加も可能です。

 

学芸員・井上隼多による最前線研究講座「最新技術で陶邑窯・猿投窯の須恵器に挑む!!—3D技術とAIを駆使した少し未来の考古学—」

 最新技術で何が見えるのか?学芸員が新たな視点で御紹介します。

 日 時:214日(日)午後130分から1時間30分程度

 会 場:愛知県陶磁美術館 本館 本館1階展示説明室

 ※定員50名(事前申込不要、先着順)、聴講無料

 

連続講座「甕から亀へ—古代のやきものの技でカメを作ろう」 ※事前申込制

 叩き技法によって“甕”を作り、その表裏に現れる叩き目文様に着目しながら自由に“甕”を切り出し、“亀”を作ってみましょう。

 【1日目】古代のやきものを見る、カメ(甕)を作る

 日 時:123()午前1030分から午後4時まで

 場 所:本館3階会議室・陶芸館

 ※本館1階ロビーに午前1030分までにお集まりください。

2日目】カメ(甕)からカメ(亀)を作る

 日 時:130()午後130分から午後330分まで 場所:陶芸館

 ※陶芸館に午後130分までにお集まりください。

 定 員:20(応募多数の場合は抽選) 

     ※お申し込みは両日参加できる方に限ります。

 参加料:1,780円(中学生以下1,540円)

     123日(土)の受付時にお支払いいただきます。

 ・完成した作品は本展会場に展示します(223()から321()まで)

 ・作品の引渡しは323()以降、陶芸館で行います。

 ・連続講座「甕から亀へ—古代のやきものの技でカメを作ろう」のお申し込み方法

  (1)参加ご希望全員のお名前・ご年齢

  (2)返信先ご住所(メールお申込みの方はメールアドレス)

  (3)ご年齢

  (4)当日連絡のつくご連絡先(携帯電話など)

  以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までお申込みください。

 【往復はがき】489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地

        愛知県陶磁美術館「カメを作ろう 申込」係

 【メール】touji@pref.aichi.lg.jp

 (件名を「カメを作ろう 申込」と記入してください。)

 ※締め切り:113日(水)必着

  締切後、当館からの返信が無い場合、お電話(0561-84-7474)にてお問い合わせください。

 

Photo_20210104094002

 

学芸員・大西遼と行く古代窯跡 ※事前申込制

 【コース1】担当学芸員と長久手市内や愛知県陶磁美術館敷地内の窯跡を見学しましょう。

 日 時:116()午前1030分から午後3時まで

  午前中に長久手市内の窯跡(三ヶ峯3号窯跡:平安時代)を見学し、午後 から陶磁美術館敷地内の窯跡を見学します。

【コース2】担当学芸員と日進市内や愛知県陶磁美術館敷地内の窯跡を見学しましょう。

 日 時:226()午前1030分から午後3時まで

  午前中に日進市内の窯跡(香久山古窯:平安時代)を見学し、午後 から陶磁美術館敷地内の窯跡を見学します。

 各回とも

 定 員:20(応募多数の場合は抽選)

 参加料:100円程度(レクリエーション保険加入のため)

 ・「学芸員・大西遼と行く古代窯跡」のお申し込み方法

  (1)参加ご希望全員のお名前・ご年齢

  (2)参加ご希望のコース(1または2

  (3)返信先ご住所(メールお申込みの方はメールアドレス)

  (4)ご年齢

  (5)当日連絡のつくご連絡先(携帯電話など)

  以上をご記入の上、「往復はがき」または「メール」にて下記の宛先までお申込みください。

 【往復はがき】489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地

        愛知県陶磁美術館「窯から窯へ 申込」係

 【メール】touji@pref.aichi.lg.jp

 (件名を「窯から窯へ 申込」と記入してください。)

  ※締め切り:【コース119日(土)必着、【コース2219日(金)必着

   締切後、当館からの返信が無い場合、お電話(0561-84-7474)にてお問い合わせください。

 

学芸員・大西遼と古代のやきものに触れよう!

 学芸員と一緒に古代陶邑窯の須恵器を手に取り、間近で見てみましょう。

 日とテーマ:

 1.117()「世界遺産『百舌鳥・古市古墳群』の時代の器に触れる」

 2.131()「聖徳太子・天武天皇の時代の器に触れる」

 3.228()「聖武天皇の時代の器に触れる」

 4.314()「古代やきもの史に触れる−土器・陶邑・猿投」

 時 間:いずれも午後1時から午後4時まで随時受付

 会 場:愛知県陶磁美術館 本館1階ロビー

 ※参加無料、事前申込不要

 

 https://www.pref.aichi.jp/touji/index.html

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »