« 考古学フォーラム情報BOX800 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX802 »

2020年10月12日 (月)

考古学フォーラム情報BOX801

◆ 展示会・講演会・研究会========

  • 三河考古学談話会 東三河10月例会

日 程:1028日(水)19:00

会 場:豊橋市文化財センター

発表者:鈴木涼平(豊川市教育委員会)

「史跡三河国分寺跡確認調査-令和元年度の成果と令和2年度の調査について-

「東三河地区の弥生時代打製石器について-豊川市広貝津遺跡採集資料から-

みどころ:久々に再開される東三河例会は、豊川市のニューフェイス、鈴木君による2本立てです!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 南山大学人類学博物館・名古屋大学:

★「2020年度名古屋大学・南山大学連携博物館講座」 配信

 毎年たくさんの方にご参加いただいております名古屋大学・南山大学連携博物館講座の開催について、今年度はオンライン配信(Youtube)でご視聴いただくことになりましたのでお知らせいたします。

 視聴無料・申込不要、期間中何度でもアクセスしていただけますので、皆さま是非ご覧ください。

                                      

◆ご視聴はこちらから ⇒名古屋大学博物館ウェブページ

      配信サイト http://www.num.nagoya-u.ac.jp/event/umls/201003.html                

  それぞれに記載の日程を初日として約2週間、講演の動画が掲載されます。

1回:103日(土)〜

 「生きている化石ウミユリの栄枯盛衰」

     講 師:大路樹生(名古屋大学博物館)

2回:1017()

 「縄文人と弥生人の出会い—歯からわかること」

   講 師:村松裕南(名古屋大学大学院情報科学研究科)

 「ホネを見るとわかる掘削運動の多様性」

   講 師:仲井大智(名古屋大学大学院環境学研究科)

3回:117()

 「「現在(いま)」を生きる伝統—宮古島・島尻のパーントゥ」

   講 師:湯屋秀捷 (南山大学大学院人間文化研究科)

4回:1121()

 「農耕民と非農耕民との遭遇・接触—東海地方における稲作の開始」

   講 師:黒澤浩(南山大学人文学部)

 

★2020年度博物館講座オンライン配信のお知らせ

 南山大学内での開催を見合わせておりましたが、YouTubeにて講座を配信いたします。 

◆博物館講座「世界の考古学1 −西アジア・メソアメリカー」             

<講座(4講座一斉配信)>

 『西アジアの歴史時代を発掘する〜イラクとレバノンの最新調査成果から〜』

   講 師:西山伸一(中部大学人文学部准教授)

 『エジプト最古の階段ピラミッドはなぜ造られたのか』

   講 師:中野智章(中部大学国際関係学部教授)

 『新大陸古代文明のはざまを掘る〜中米ニカラグアを中心に〜』

   講 師:南博史(京都外国語大学国際貢献学部教授)

 『オルメカからマヤへ』

   講 師:伊藤伸幸(名古屋大学人文学研究科助教)

                                   

受講料:一般2,000円(南山大学の学生は無料)

配信期間:20201223日(水)〜 202117日(木)予定

     期間内は何度でもご視聴いただけます。                                     

お申し込み:南山大学人類学博物館のHPから

 https://rci.nanzan-u.ac.jp/museum/katsudou/018390.html

Photo_20201012070701

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 関市・関市文化財保護センター:

★市制70周年記念「関市発掘調査展2020」

 市制70周年・合併15周年を記念し、昭和25年の関市制施行以降、旧町村を含め市内で実施した発掘調査の主な成果を、旧石器時代から江戸時代まで、時代順に紹介します。

期 間:令和2103日(土曜日)から1129日(日曜日)まで

会 場:わかくさ・プラザ 学習情報館1階 特別陳列室

開 館:午前9時から午後5時まで

休館日:月曜日(1123日を除く)

入場料:無料

※見学者アンケートに回答いただいた方に、展示図録を差し上げます。

 

★<けんぱく・関市連携企画展示>

「考古学資料から見た関市の中世〜重竹遺跡を中心に〜」 

 岐阜県博物館特別展「光秀が駆けぬけた戦国の岐阜」にあわせて、関市の中世をメインテーマに、市内の重竹遺跡などを紹介する展示を行います。

※岐阜県博物館との連携企画です。

期 間:令和2924日(木曜日)から令和2118日(日曜日)まで

会 場:岐阜県博物館 企画展示室

    開館日・時間、入場料は、岐阜県博物館ホームページをご覧ください。

 

★「古町遺跡 発掘調査展」

 刃物のまち・関市の鍛冶遺構が発見された古町遺跡。発掘調査の出土品の展示・公開、昨年度保存処理が完了した短刀のお披露目、鉄製品のX線写真の中間報告などを紹介します。

期 間:令和21010日(土曜日)から令和21018日(日曜日)まで

会 場:関鍛冶伝承館 特別陳列室

開 館:午前9時から午後430分まで

休館日:火曜日

入場料:大人 300円、高校生 200円、小中学生 100

    団体料金等詳しくは、関鍛冶伝承館のホームページをご覧ください。

https://www.city.seki.lg.jp/kanko/0000015856.html

 

1_20201012070701

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX800 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX802 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考古学フォーラム情報BOX800 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX802 »