« 考古学フォーラム情報BOX771 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX773 »

2019年12月 2日 (月)

考古学フォーラム情報BOX772

◆ 展示会・講演会・研究会========

  • こくふ歴まちネット(高山市)「国府遺産コミュニケーター養成講座」

日 時:令和元年128日(日)13:3015:30

会 場:こくふ交流センター2階・多目的室

    (岐阜県高山市国府町広瀬町880-1

講 師:吉朝則富氏

演 題:「旧石器・縄文・弥生時代の遺跡と遺物」

内 容:

(1)講師が執筆担当した『国府町史 通史編』「先史編」に即した各時代の概観

(2)高山市国府地域の遺跡や遺物の特徴

(3)各遺跡・遺物のもつ魅力とは? それをどう伝える(解説する)か

 

※「国府遺産コミュニケーター」養成講座は、国府地域の歴史文化遺産を《国府遺産》と捉えた上で、調査研究の成果をふまえて地域の歴史・文化のもつ魅力を子供たちや来訪者にガイドできる人材を養成するものです。

 テーマ毎に専門家を招き、地域の歴史・文化がもつ魅力は何か、その魅力をどう伝えればいいか、について深い理解を図ることをめざしています。

 ガイド参加の有無に関わらず、興味がある方ならどなたでも参加できます。もちろん、国府地域以外の方の参加も歓迎します。

 

※参加無料・予約不要

 

問合せ先:こくふ歴まちネット代表・堀 祥岳(090-2555-4509donbiki@gmail.com

 

Photo_20191202065501

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 岐阜県博物館:

企画展「岐阜の城館探訪 —城が語る郷土の歴史—」

 お城は歴史的出来事の舞台であり、地域の歴史を語る証人です。現在も地域のシンボル的な役割を担っているものも少なくありません。岐阜県内には800か所もの城館跡があり、各地で発掘調査も行われています。

 本企画展では、県内の特徴的な城館跡について、その調査成果から地域の歴史を見直していきます。

会 期:2019年11月23日(土・祝)〜2020年1月26日(日)

http://www.gifu-kenpaku.jp/

 

Photo_20191202065502

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • たかはま 歴史・まちづくりシンポジウム2

 「近代における高浜の“やきもの“ ‐瓦・土管・日用土器‐」

 高浜市は日本の三大瓦の一つ「三州瓦」の主要産地で、江戸時代以来、江戸(東京)を一大消費地として現代まで発展してきました。明治初期には常滑から土管づくりの技術が伝わったこともあり、その後の近代の高浜では、瓦・土管・日用土器など多種多様なやきものがつくられました。土管づくりの技術は瓦生産にも活かされるなど、「やきもののまち・高浜」の発展につながっています。

 今回のシンポジウムでは、高浜市において「三州瓦主要産地の礎となった近代の様相」を、同じやきもののまちである常滑市との関係をふまえ明らかにしていきます。

日 時:令和228() 1330分〜1630

場 所:高浜市やきものの里かわら美術館1階 ホール 

    (高浜市青木町9618)

・スケジュール

1部 基調講演

「土管をまとう街」 小栗 康寛氏(とこなめ陶の森 資料館 学芸員)

2部 研究発表

「近代の高浜・新川地区の日用土器生産」 豆田 誠路氏(高浜市誌 近世・近代・現代部会 調査執筆員)

3部 パネルディスカッション

コーディネーター:

曲田 浩和氏(高浜市誌編集委員会 委員長)

パネリスト:

小栗 康寛氏(とこなめ陶の森 資料館 学芸員)

豆田 誠路氏(高浜市誌 近世・近代・現代部会 調査執筆員)

高木 秀和氏(高浜市誌 近世・近代・現代部会 調査執筆員)

・入場無料、参加申込不要

・お問い合わせ:高浜市役所 文化スポーツグループ(TE0566521111)

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX771 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX773 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考古学フォーラム情報BOX771 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX773 »