« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月15日 (日)

考古学フォーラム情報BOX763

◆ 展示会・講演会・研究会========

  • 三河考古学談話会 西三河例会

日 時:令和元年9月19日(木)午後7時〜

場 所:安祥公民館(安城市歴史博物館・埋蔵文化財センター隣)

発表者:山口 遥介(岡崎市教育委員会)

題 名: 平成30年度の岡崎市の発掘調査

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 土岐市美濃陶磁歴史館:

企画展「土岐市の古窯−郷ノ木古窯跡群−」

期 間:2019914()20191124()

休館日:月曜日、祝日の翌日(9/162310/142211/423は開館)

 土岐市南東部に位置する曽木町には郷ノ木窯と呼ばれる古窯跡群が所在しています。安土桃山時代から江戸時代前期にかけて操業していた窯で、複数の大 窯と連房式登窯で構成されています。発掘調査が行われていないため詳細は不明ですが、焼成されていた製品は時代によって異なり、大窯期には長石釉を施した 皿類、鉢類と共に錆釉を施した擂鉢が、連房期には鉄釉や鉄釉に灰釉を流し掛けた碗類、皿類、壺類などがみられます。

 本窯の南には名古屋から信州飯田を結ぶ中馬街道が通っており、この街道筋付近に位置する大川古窯跡群・水上向古窯跡群・田ノ尻古窯跡群・猿爪古窯跡 群(瑞浪市)は郷ノ木古窯跡群とともに中馬系の古窯跡群を構成しています。製品には、郷ノ木古窯跡群と類似するものが多数認められる一方、各窯独自のもの もみられます。他方で中馬系の古窯跡群の北西に位置する久尻地区の古窯跡群(元屋敷陶器窯跡など)では、瀬戸黒、黄瀬戸、志野、織部といった美濃桃山陶を 多数焼成しています。このように同時代であっても窯場ごとで特徴ある製品を生産していたことが窺えます。

 今回の展覧会では、郷ノ木古窯跡群で焼成されていた製品の種類や特徴を紹介すると共に同時代に稼働していた他窯の製品も展示し、美濃窯における安土桃山時代から江戸時代前期にかけての各窯場の多様性についても紹介します。

 

http://www.toki-bunka.or.jp/history

 

Photo_20190915202901

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

考古学フォーラム情報BOX762

◆ 展示会・講演会・研究会========

  • 三河考古学談話会 東三河9月例会

日 程:911日(水)19:00

会 場:蒲郡市博物館2階 研修室  

タイトル:「蒲形陣屋跡出土遺物の資料見学」

発表者:松田 繁(蒲郡市博物館)

みどころ:江戸時代の交代寄合、竹谷松平氏が江戸時代初期から拠点とした陣屋跡の出土遺物を検討します。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 77回名古屋東アジア史研究会

日 時:201999日(月)1830分より

場 所:南山大学第一研究棟4階 エレベーターホール右奥の会議室

発表者:小松文五

内 容:「日本の旧石器時代」

 小松氏が、長年温めてきたテーマです。意欲的な発表が期待されます。

※ なお、当日資料代金として、200円をお願いします。

※ 本研究会についてのお問い合わせは下記まで。南山大学へはお問い合わせにならないようお願いします。

問い合わせ先:

 名古屋市昭和区楽園町93

  名古屋市立川名中学校 木村光一 052-832-2230

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  • 刈谷市歴史博物館

企画展「発掘された中条遺跡展ー地下に眠る刈谷の1万年ー」

 刈谷市重原本町にある中条遺跡は平成9年度から12年度にかけて発掘調査を実施し、4年間で約17300平方メートルの調査を行いました。縄文時代の 貝塚もさることながら、飛鳥時代から室町時代までの遺構・遺物が大量に出土し、刈谷の歴史を知るうえで貴重な発見がありました。

 出土品の中には東北地方の特徴をもった土偶(縄文時代)、中国で作られた染付皿(室町時代)など各時代において様々な地域との関わりを示すものが含まれており、かつてこの場所に住む人々が多くの地域と交流しながら生活していたことが初めてわかりました。

 本展では、中条遺跡の出土品を中心に、刈谷市におけるいにしえの人々の暮らしについて紹介します。

会 期:9月7日(土)〜11月4日(月・祝)

 

★ 講演会

「縄文時代の中条遺跡〜土偶の目から見てみると〜」

講 師:伊藤 正人氏(元名古屋市教育委員会)

日 時:9月7日(土)午後1時30分〜3時

場 所:講座室 

定 員:先着100名

「古代碧海郡と中条遺跡」

講 師:西宮 秀紀氏(愛知教育大学名誉教授)

日 時:9月15日(日)午後1時30分〜3時

場 所:講座室

定 員:先着100名

「重原荘をめぐる中世の館と村〜中条遺跡を中心に〜」

講 師:鈴木 正貴氏(愛知県埋蔵文化財センター)

日 時:10月13日(日)午後1時30分〜3時

場 所:講座室

定 員:先着100名

 

https://www.city.kariya.lg.jp/rekihaku/index.html

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »