« 考古学フォーラム情報BOX740 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX742 »

2019年1月27日 (日)

考古学フォーラム情報BOX741

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 東海土器研究会:
歴史土器研究会:
科学研究費助成事業 基盤研究(B)「古代における谷底平野および周辺丘陵部の開発と宗教施設の展開に関する研究」 第3回研究会
共催研究集会「北丹波・東流遺跡と8世紀の須恵器生産」
 前回・前々回と、尾北窯に焦点をあてて2回の研究会を重ねて参りました。今回は、尾北窯とも少なからず関係を有すると目される尾張の消費遺跡、とりわけ最近の調査で「美濃國」印須恵器が多数出土して注目された北丹波・東流遺跡に焦点をあて、美濃須衛窯・尾北窯・猿投窯など周辺地域の窯業(須恵器)生産地の動向と絡めて、遺跡の性格解明を目指したいと思います。
 なぜ、隣国の美濃(美濃須衛窯)から多量の須恵器が搬入されているのか? 多数の「美濃」刻印須恵器の意味するものは? 地元の尾張(猿投窯・尾北窯)の須恵器生産との関係は? と興味深い論点が盛りだくさんです。
 奮ってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

会 期:平成31年3月16日(土)10:00〜16:30
場 所:愛知県埋蔵文化財調査センター 2階研修室(愛知県弥富市前ケ須町野方802-24)
   近鉄「弥富」駅下車、南南西へ徒歩15分
   JR・名鉄「弥富」駅下車、南南西へ徒歩20分
参加申込:不要
参加費:無料
時間割(予定):
 10:00〜12:00資料見学(北丹波・東流遺跡、志賀公園遺跡出土土器)
 12:00〜13:00昼休み
 13:00〜13:40永井宏幸(愛知県埋蔵文化財センター)
           「稲沢市北丹波・東流遺跡出土資料について」
 13:40〜14:20尾野善裕(奈良文化財研究所)
           「宮都の土器から猿投窯系須恵器編年と北丹波・東流遺跡出土土器を考える」
 14:20〜14:30休憩
 14:30〜15:10渡辺博人(元各務原市埋蔵文化財調査センター)
           「古代の美濃須衛窯と美濃国刻印須恵器」」
 15:10〜15:20休憩
 15:20〜16:20討論 司会(16:30終了)
●問い合わせ先:
(東海土器研究会)尾野善裕(奈良文化財研究所0744-24-1122、携帯090-8483-9635)
(歴史土器研究会)市川創(電話090-9865-9450、E-mail:itsukuru@hera.eonet.ne.jp)
(科研事業)梶原義実(E-mail:kajiwara@nagoya-u.jp)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX740 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX742 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX741:

« 考古学フォーラム情報BOX740 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX742 »