« 考古学フォーラム情報BOX725 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX727 »

2018年10月16日 (火)

考古学フォーラム情報BOX726

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河例会
日 時:平成30年10月18日(木)午後7時〜
場 所:安祥公民館(安城市歴史博物館・埋蔵文化財センター隣)
発表者:三田敦司(西尾市教育委員会)
題 名:善光寺沢南古墳の発掘調査報告
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 名古屋市博物館:
特別展「古代アンデス文明展」
会 期:平成30(2018)年10月6日(土)〜12月2日(日)
 古代アンデス文明とは、南アメリカ大陸太平洋沿岸部の南北4000km、標高差4500mに及ぶ広大な空間において、先史時代からインカ帝国が滅亡する16世紀までの間に盛衰した文化全体をさします。空間・時間ともに長大な世界を舞台に、多種多様な文化が育まれました。ナスカの地上絵やインカ帝国のマチュピチュといった巨大な遺跡があり、神々や死者をかたどった土器、精巧な黄金製品や織物、ミイラなど、それぞれの文化において独特で神秘的な世界観が広がっています。
 本展覧会では古代アンデス文明史の中でも、カラル、チャビン、ナスカ、モチェ、ティワナク、ワリ、シカン、チムー、インカという9つの文化を核として取り上げています。先史から歴史を辿りながら、アンデスの全体像に迫ります。選び抜かれた貴重な約200点の資料とともに、秘められた文明を紹介します。

★記念講演会 聴講無料・先着220名
場 所:地下1階講堂(定員220名)
※聴講には本展観覧券(観覧済半券も可)が必要です。
※当日9時30分より聴講整理券を展覧会会場入口で先着順に配布します(観覧券1枚につき1枚限り)。
「古代アンデス文明 その誕生から滅亡まで」
講 師:篠田謙一氏(本展監修者/国立科学博物館 副館長 兼 人類研究部長)
日 時:10月13日(土)  13時30分〜15時(13時開場)
「古代アンデスとはどんな文明だったのか?」
講 師:渡部森哉氏(南山大学 人文学部教授)
日 時:10月20日(土)  13時30分〜15時(13時開場)

http://www.museum.city.nagoya.jp/index.php

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX725 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX727 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX726:

« 考古学フォーラム情報BOX725 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX727 »