« 考古学フォーラム情報BOX701 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX703 »

2018年3月10日 (土)

考古学フォーラム情報BOX702

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 東三河例会のご案内
日 時:3月14日(水) 19:00〜 
会 場:豊川市埋蔵文化財調査事務所
発 表:「灰釉陶器深椀について(仮)」(豊橋市文化財センター 片桐さん)
協議事項:平成30年度の体制についての協議
※来年度の例会の内容と、運営委員などの体制について協議します。積極的なご参加をお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 鈴鹿市考古博物館:
速報展「発掘された鈴鹿2017」
日 時:平成30年3月10日(土)から6月17日(日)まで
会 場:考古博物館 特別展示室
観覧料:無料 ※常設展示は別途観覧料が必要です。
http://www.edu.city.suzuka.mie.jp/museum/

Photo_2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 静岡市立登呂博物館:
企画展「ウトウ・トロ・タカノミチ」
弥生時代を代表する登呂遺跡。実は、その近くにも多くの遺跡が眠っています。
中でも「有東遺跡」、「鷹ノ道遺跡」は隣り合った、いわば「お隣さん」とも言える遺跡です。この三つの遺跡に残された遺構や遺物をみると、大変深いつながりがある遺跡ということが分かります。
では、これら区別された「遺跡」とは?どんな違いがあるのでしょうか?それとも実は、同じもの?弥生時代の集落形態に迫る展示です。
会 期:平成30年3月21日(祝・水)−平成30年6月10日(日)
会 場:静岡市立登呂博物館 2階 特別・企画展示室
★企画展関連講演会「弥生、登呂」
日 時:2018年3月21日(祝・水) 13:00 ? 16:30
講 師:福永伸哉(大阪大学大学院文学研究科教授)
    禰宜田 佳男(文化庁記念物課主任文化財調査官)
    伊藤寿夫(登呂博物館館長)
対象者:どなたでも60名(要予約)
参加費用:200円
受付方法:3/1から登呂博物館(054-285-0476)にて受付開始
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/

Photo

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●土岐市美濃陶磁歴史館:
企画展「土岐市の古窯—御殿窯—」×「重要文化財公開 元屋敷窯跡出土品展」
茶の湯の流行に呼応して美濃で誕生した織部。
織部が焼成されたのは、唐津から導入された巨大な連房式登窯でした。
本展では、初期の2つの連房式登窯「御殿窯」と「元屋敷窯」の出土品を一挙に公開します。
日 程:平成30年2月23日(金)〜5月27日(日)
http://www.toki-bunka.or.jp/?page_id=14

1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX701 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX703 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX702:

« 考古学フォーラム情報BOX701 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX703 »