« 考古学フォーラム情報BOX678 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX680 »

2017年9月23日 (土)

考古学フォーラム情報BOX679

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 飛騨市美術館:
企画展「石棒の聖地 塩屋を掘る」
期 間:平成29年9月30日(土)〜11月12日(日)
 飛騨市宮川町塩屋では、縄文時代中期に石棒を製作した島遺跡と、後期の塩屋金清神社遺跡が見つかり、全国でも類を見ない石棒製作のムラであったことが分かっています。両遺跡で1,000本をこえる石棒が見つかった塩屋から、縄文時代の精神世界に迫ります。
☆関連展示:
1. 沢遺跡「里帰り」展
 初めての発掘調査から半世紀を経て、今春報告書が刊行されました。縄文時代早期の沢式土器の標識遺跡である沢遺跡の報告書刊行を記念し、その全貌を展示します。
2. 重要文化財「岐阜県中野山越遺跡出土品」展
 塩屋石で作られた石棒で、重要文化財に指定されているものは中野山越遺跡の出土石棒のみです。その石棒を他の縄文土器とともに公開します。
★関連講座1: 9月 30日(土)PM 2:00〜PM 4:00
1. 題 名:沢遺跡の押型紋土器の意義−発掘調査の成果から−
  講 師:岡本東三氏(千葉大学名誉教授)
2. 題 名:飛騨の戦後の発掘調査史
  講 師:戸田哲也氏(玉川文化財研究所代表取締役会長)
 会場・住所:飛騨市美術館(岐阜県飛騨市古川町若宮2-1-58)
 費用・参加費:無料(別途美術館入館料おとな200円が必要)
 申し込みについて:不要
★関連講座2:11月12日(日)11:00〜
  題 名:石棒製作のムラ・塩屋
  講 師:林直樹氏(旧宮川村発掘調査担当者)
 会場・住所:飛騨市美術館(岐阜県飛騨市古川町若宮2-1-58)
 費用・参加費:無料(別途美術館入館料おとな200円が必要)
 申し込みについて:不要
13:00〜
  題 名:林先生と行く飛騨みやがわ考古民俗館バスツアー
  費用・参加費:無料
 申し込みについて:申込終了 2017/10/27まで、飛騨市美術館0577-73-3288にて電話受付。応募多数の場合は抽選。

飛騨市教育委員会事務局文化振興課
509-4292 岐阜県飛騨市古川町本町2番22号
TEL 0577-73-7496 FAX 0577-73-7497

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 三重県総合博物館・三重県埋蔵文化財センター:
「発掘された日本列島」三重会場地域展示「三重を掘る!」
 この秋、日本全国を巡回する新発見考古速報展「発掘された日本列島2017」が三重県総合博物館MieMuにやってきます!その三重県会場・地域展示として、第36回三重県埋蔵文化財展「三重を掘る!」を開催いたします。「三重を掘る!」では、三重県が所蔵する県指定有形文化財(考古資料)が全件勢ぞろいするほか、三重県埋蔵文化財センター等が所蔵する考古資料のなかから、”これは!”という逸品を展示いたします。
会 期:平成29年9月30日(土)〜11月5日(日)
会 場:三重県総合博物館(MieMu)企画展示室
観覧時間:平日は午前9時〜午後5時まで、土・日・祝日は午後7時まで
観覧料:一般800円、学生480円、高校生以下無料
○おもな展示資料(約500点)
粥見井尻遺跡:石器類・土偶、天白遺跡:縄文土器・土偶・石棒、納所遺跡:弥生土器・石器、宮山遺跡:石器、村竹コノ遺跡:弥生土器、上椎ノ木1号墳:銅鏡・石製品・玉類、太岡寺1号墳:玉類、六大A遺跡:土師器・韓式系土器・初期須恵器、井田川茶臼山古墳: 須恵器・銅鏡・鉄刀・鉄鏃・馬具・玉類、東条1号墳:須恵器・土師器・銅鏡・鉄刀・鉄鏃・刀子・玉類、石薬師東古墳群63号墳:馬形埴輪・人物埴輪、中ノ庄古墳:馬形埴輪・家形埴輪・人物埴輪、斎宮跡:鳥形硯・羊形硯ほか、朝見遺跡:緑釉陶器・土師器ほか
雲出島貫遺跡:陶磁器・腰刀・銅鏡、安濃津柳山遺跡:土器・銭貨ほか、経塚中世墓:陶器
★関連講座 各回午後1時30分から15時まで(無料・当日受付)
10月 1日(日)「三重の旧石器・縄文時代」
     講 師:勝山孝文(三重県埋蔵文化財センター)
10月14日(土)「三重の弥生時代」
     講 師:櫻井拓馬(三重県教育委員会 社会教育・文化財保護課)
10月21日(土)「三重の古墳時代」
講 師:渡辺和仁(三重県埋蔵文化財センター)
10月28日(土)「三重の古代」
     講 師:大川勝宏(斎宮歴史博物館)
11月 3日(金・祝)「三重の中世」
     講 師:伊藤裕偉(三重県教育委員会 社会教育・文化財保護課)

● 三重県総合博物館・三重県埋蔵文化財センター:
「三重を掘る!」関連展示:「発掘された三重の古墳」
 平成29年9月30日(土)からはじまる第36回三重県埋蔵文化財展「三重を掘る!」の開催に先だって、地域展示で紹介できなかった資料のうち、「お墓」に寄せた弔いの想いが込められた品々を展示します。

会 期:平成29年9月20日(水)〜11月12日(日)
会 場:三重県総合博物館(MieMu)三重の実物図鑑ルーム
観覧時間:午前9時〜午後7時まで
観覧料金:無料
○おもな展示資料 約50点
大原堀遺跡:縄文土器、瀬干遺跡:古式土師器、織糸遺跡:古式土師器、近代古墳:鉄鉾・直刀、小谷13号墳 短甲・大刀・鉄鏃・鉄鎌ほか、舞出北遺跡:円筒埴輪、金塚横穴墓2号墓:耳環・玉類、富岡前山古墳:銀象嵌柄頭・馬具・鉄鎌・耳環・玉類ほか、井田川茶臼山古墳:大刀・刀子・冠部品(初公開)、釜垣内遺跡:和鏡・鋏・刀子ほか、松山遺跡:白磁・陶器・鋏

三重県総合博物館 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/
三重県埋蔵文化財センター http://www.pref.mie.lg.jp/maibun/hp/

Photo
Photo_2

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX678 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX680 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX679:

« 考古学フォーラム情報BOX678 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX680 »