« 考古学フォーラム情報BOX646 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX648 »

2016年12月10日 (土)

考古学フォーラム情報BOX647

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古西三河勉強会
日 時:平成28年12月22日(木曜)午後7時〜
場 所:安祥公民館(安城市歴史博物館・埋蔵文化財センター隣)
発表者:神取龍生(幸田町教育委員会)、平井義敏(みよし市教育委員会)
題 名:「東海地方西部(愛知県・岐阜県)における旧石器時代研究の現状と課題--」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 名古屋市博物館:
「特別展 ギリシア考古学の父 シュリーマン —初公開!ティリンス遺跡原画の全貌—」
ギリシャ神話の世界が名古屋によみがえる。
 トロイ伝説の舞台となったミケーネ文明が実在したことを証明し、「ギリシャ考古学の父」 と呼ばれるシュリーマン。彼が精力的に刊行した発掘調査報告書からは、ホメロスの叙事詩で読んだ古代ギリシア世界の実像を知りたい!そしてたくさんの人に 知ってもらいたい。という情熱が伝わってきます。
 この展覧会では、発掘調査報告書『ティリンス』の貴重な原画を中心に取り上げ、波瀾万丈な人生を歩んだシュリーマンという人物の魅力と、彼が魅了された古代ギリシア世界、そして誕生したばかりの考古学について紹介します。

期 間:2016年12月17日(土)〜2017年1月29日(日)

★ 関連事業
・記念講演会
日 時:2016年12月17日(土)14時から(13時30分開場)
「考古学者シュリーマンとその時代 —先駆者の素顔に迫る—」
講 師:周藤芳幸氏(名古屋大学教授)
会 場:講堂(定員220名)
 ※当日12時30分から聴講整理券を先着順に配布します(1名様1枚限り)。
 ※聴講には本展観覧券が必要です(観覧済み半券でも可)。
 ※手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までに名古屋市博物館までご相談ください。
・記念講演会
日 時:2017年1月7日(土)14時から(13時30分開場)
「シュリーマンのティリンス遺跡原画を探る」
講 師:巽善信氏(天理大学附属天理参考館学芸員)
会 場:講堂(定員220名)
 ※当日12時30分から聴講整理券を先着順に配布します(1名様1枚限り)。
 ※聴講には本展観覧券が必要です(観覧済み半券でも可)。
 ※手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までに名古屋市博物館までご相談ください。
・公開講座
日 時:2017年1月14日(土)14時から(13時30分開場)
「考古学って何するの」
 考古学はどのようにして過去の社会を明らかにしてきたのか、また現代の発掘調査はどのように行われているのかを、考古学を専門とする学芸員が語ります。
講 師:村木誠(当館学芸課長)・深谷淳(名古屋市文化財保護室主査)
会 場:展示説明室(定員80名)。
 ※無料で聴講できます。
・冬休み連続ミニ講座
日 時:2017年1月4〜6日 14時から(13時30分開場)
「『シュリーマン旅行記』を読む —シュリーマンの見た幕末日本—」
 シュリーマンは考古学者になる以前に世界一周の旅をして、幕末の日本にも立ち寄りました。その時に書かれた旅行記から、シュリーマンの人柄や当時の日本社会を読み解きます。
1月4日 来航編/1月5日 横浜・八王子編/1月6日 江戸編
講 師:鈴木 雅(当館学芸員)
会 場:展示説明室(定員80名)。
 ※無料で聴講できます。

http://www.museum.city.nagoya.jp/index.php

1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX646 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX648 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX647:

« 考古学フォーラム情報BOX646 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX648 »