« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

考古学フォーラム情報BOX634

▼ 発掘調査========
● 小牧市:
史跡小牧山(仮称)史跡センタ一周辺発掘調査の現地公開
開催日時:平成 28 年 10月 15日(土) (小雨決行)
     午前10 時〜午後 3時
 雨天の場合は翌16日(日)に順延します。
当日の問い合わせ先:小牧市役所小牧山課
          午前9時〜 電話 0568ー76-1623
場 所 :小牧市掘の内一丁目 史跡小牧山(桜の馬場東側)
     史跡小牧山(仮称)史跡センター周辺発掘調査現揚
交通機関:名鉄小牧線 小牧駅下車
     名鉄バス・こまき巡回バス (55〜60コースは停車しません)ピーチバス乗り換え「小牧市役所前」下車 徒歩約 15分
問い合わせ先:小牧市教育委員会小牧山課史跡係
       0568-76-1623(直通

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 岐阜県文化財保護センター:
★「上切寺尾古墳群現地見学会」
と き:平成28年10月1日(土) 13:30 〜15:00(受付開始13:00〜)
    小雨決行(悪天候による中止の場合のみ当センターのホームページでお知らせします)
ところ:上切寺尾古墳群発掘調査現場(高山市上切町、裏面地図参照)
主 催:岐阜県文化財保護センター
※入場は無料です。
※現地見学会会場周辺に駐車場はありません。
駐車場は、久美愛厚生病院一般第1駐車場(本館東・川上川側)を御利用ください。
連絡先:岐阜県文化財保護センター飛騨調査係(高山市丹生川町)TEL 0577-78-2212
上切寺尾古墳群発掘調査現場事務所(高山市上切町)TEL 080-2651-0162

2

★「御望A遺跡発掘調査現地見学会」
日 時:平成28年10月22日(土)
    午後1時30分〜午後3時30分 <小雨決行>
    悪天候の場合は中止(警報発令等)
 ※ 中止の場合は当センターホームページに中止連絡を掲載します。
場 所:御望A遺跡発掘調査現場(岐阜市御望地内)
調査成果 :縄文時代から古代にかけての集落跡を確認
連絡先:岐阜県文化財保護センター調査課(岐阜市三田洞東)TEL 058-237-8550
    御望A遺跡発掘調査現場事務所(岐阜市御望)TEL 058-214-6961
    担当:河合・笠井
※お願い:駐車場がありません。来場の際は、公共交通機関・自転車・徒歩でお越しください。

http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27221/

3

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

考古学フォーラム情報BOX633

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 名古屋大学博物館・南山大学人類学博物館連携博物館講座:
「大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー」
 地球の誕生から現代に至る大きな歴史"ビッグヒストリー"を名古屋大学博物館と南山大学人類学博物館の研究者が、博物館資料を駆使して語る連続講座。理系・文系の枠を超えて、大学博物館が新しい知の領域へ挑みます。

第1回 「名古屋大学博物館が目指す自然史科学とは」
    日 時:2016年10月1日 13:30〜15:00
    講 師:大路樹生氏(名古屋大学博物館) 
    場 所:南山大学R棟R31教室

第2回 「未知なる世界への好奇心—博物額、人類学、考古学、そして博物館」
    日 時:2016年10月15日 13:30〜15:00
    講 師:黒澤浩氏(南山大学人文学部)
    場 所:名古屋大学博物館講義室

第3回 「石の道具が語る人類の進化
        —日本でここだけ!原人、旧人、新人の道具を見比べよう」
    日 時:2016年10月29日 13:30〜15:00
    講 師:門脇誠二氏(名古屋大学博物館)
    場 所:南山大学R棟R31教室 

第4回 「オセアニア、海を渡った人々—人類大移動の軌跡に迫る—」
    日 時:2016年11月5日 13:30〜15:00
    講 師:如法寺慶大氏(南山大学人類学博物館)
    場 所:名古屋大学博物館講義室

※参加費無料 申込不要

http://rci.nanzan-u.ac.jp/museum/top/007102.html

1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●田原市:
「渥美半島の縄文文化をさぐる」
★ 企画展「渥美半島の縄文貝塚と保美貝塚」
 保美貝塚をはじめとする、吉胡貝塚、伊川津貝塚の縄文時代晩期貝塚の新発見、最新の調査成果を展示します
 会 期:平成28年10月29日(土)〜12月11日8日)
 展示会場:渥美郷土資料館 
      441-3695 愛知県田原市古田町岡ノ越6番地4(渥美支所敷地内)
      TEL 0531-33-1127
 展示解説:11月5日(土) 午前11時〜
      講 師 愛知県埋蔵文化財センター 川添和暁さん

★ シンポジウム
「「渥美半島の縄文文化をさぐる— 海をめぐる渥美半島の魅力—」
 日本を代表する研究者4名が渥美半島の縄文文化の魅力を語ります
  茂原信生さん(京都大学名誉教授) 山田康弘さん(国立歴史民俗博物館)
  長田友也さん(中部大学)  山崎 健さん(奈良文化財研究所)
 日 時:11月23日(水・祝) 午後1時30分〜午後5時 
 会 場:田原文化会館 多目的ホール 田原市田原町汐見5番地
 入場無料・申込不要 直接会場へ

★ 縄文座談会
「伝え活かそう 縄文遺跡と地域づくり」
 縄文遺跡の魅力を伝えながら、地域の活性化をゲストと参加者とともに語り合います。
 日 時:11月5日(土) 午後1時30分〜午後4時
 場 所:渥美郷土資料館 
 ゲスト:宮城県東松島市奥松島縄文村歴史資料館
     名誉館長 岡村道雄さん  館長 菅原弘樹さん

★ 学芸員と行く遺跡ツアー
 日 時:10月30日(日)  午前9時30分〜午後3時(弁当持参)
 行 先:吉胡貝塚、宮西遺跡、保美貝塚、伊川津貝塚、渥美郷土資料館
 集合場所:田原市役所 北玄関
 参加無料
 定 員:35名(先着順)

★ ワークショップ
「貝輪をつくろう」
 日 時:11月6日(日) 午後1時30分〜午後3時
 場 所:渥美郷土資料館
 参加費:200円
 定 員:20名(先着順)

★ 秋の縄文まつり
 まが玉、貝のアクセサリー、体験縄文料理、縄文ファッションなど、特別の催し物もりだくさん。  
 日 時:11月3日(木・祝)午前10時〜午後3時
 場 所:吉胡貝塚資料館(http://www.yoshigo.gr.jp/)
 田原市吉胡町矢崎42番地4 TEL 0531-22-8060

申込・問合先:田原市教育委員会 文化財課 0531-27-8604

Taharashi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

考古学フォーラム情報BOX632

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 岐阜県文化財保護センター
「平成28年度岐阜県発掘調査報告会」
日 時:平成28年10月15日(土) 13:30〜16:00(受付13:00〜)
会 場:岐阜県図書館1階 多目的ホール(岐阜市宇佐4−2−1)
内 容:近年の県内における発掘調査の事例報告と出土遺物展示
<事例報告>
・番場遺跡(本巣市) 古墳時代前期を中心とする集落跡
・黒野城跡(岐阜市) 戦国時代後期から江戸時代初期の城跡
・国史跡乙塚古墳附段尻巻古墳(土岐市) 古墳時代の円墳と方墳
定 員:300名(当日受付:先着順)
参加費:無料

※詳細は以下をご覧ください。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27221/event/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 静岡市登呂博物館:
特別展「弥生×登呂」
 登呂遺跡の出土遺物775点が正式に重要文化財に指定されました。その記念として特別展「弥生×登呂」を開催します。
 ”弥生時代”の由来となった、日本初の弥生土器が登呂博物館に登場。他にも佐賀県吉野ヶ里遺跡や奈良県唐古・鍵遺跡など、有名遺跡の資料が目白押し。
 登呂遺跡の全国的な位置付けを探る展示です。お楽しみに。
開催期間:9月17日(土)〜11月27日(日)
★ 特別展関連シンポジウム
日 時:平成28年11月19日(土)  10:00〜16:15
会 場:しずぎんホール ユーフォニア
    静岡市葵区追手町1-13
費 用:無料
定 員:450名
講 師:静岡大学教授 篠原和大
    明治大学名誉教授 大塚初重 ほか
受 付:静岡市コールセンターにて受付
    (054-200-4894) 10/19(水)より 
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 斎宮歴史博物館:
特別展「古代の出雲−その限りない魅力−」
 斎宮歴史博物館と連携している島根県立古代出雲歴史博物館は、国宝「荒神谷遺跡出土銅剣」や「加茂岩倉遺跡出土銅鐸」の展示で知られ、当館と同様に古代の 歴史文化に基づく博物館です。この展覧会では、神話や考古学に基づく幅広い展示の一端や出雲地域の文化などの限りない魅力を紹介します。
会 期:10月8日(土)〜11月13日(日)
★ 事前学習講座  
「出雲博が斎宮にやってくる」  
 「古代出雲は、どのように神話に出てくるのか」「実際の古代出雲は、どういうところだったのか」「『出雲国風土記』から、どのようなことがわかるのか」など、特別展「古代の出雲−その限りない魅力−」の見所をお話しします。
開催日:平成28年9月18日(日曜)
開催時間:13時30分から15時30分まで ※受付・開場は13時から
場 所:講堂
講師:学芸普及課長 榎村寛之(えむら ひろゆき)
定員:125名(先着順)
参加方法:事前申込不要 無料
その他:講演中に島根県立古代出雲歴史博物館制作の映画「出雲国風土記誕生秘話」を上映します。
★ 特別展「古代の出雲」記念講演会  
「出雲国風土記とその魅力」
 733年に成立した出雲の地誌である『出雲国風土記』。現存する5か国の『風土記』のなかで最も完全な形を残しています。そして、国引き神話が記載されるなど、内容の豊富さから古代の出雲を知る貴重な手掛かりとなっています。
 特別展「古代の出雲−その限りない魅力−」でもとりあげている『出雲国風土記』の世界とその魅力を知る絶好の機会です。ぜひご参加ください。
開催日:平成28年10月23日(日曜)
開催時間:13時から15時まで   ※受付・開場は12時30分から
場 所:斎宮歴史博物館 講堂
講 師:島根県立古代出雲歴史博物館 主任学芸員 吉永壮志(よしながたけし)氏
定 員:125名(定員を超えた場合は抽選)
    ※抽選落選者のうち、42名様をモニター室での聴講参加にご案内します。
参加方法:往復はがきに住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、下記までお
申込みください。
 郵便番号515-0325 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 記念講演会係
募集期間は平成28年9月10日(土曜)から9月30日(金曜)まで。
締切日当日必着です。

三重県ホームページ内「三重県申請・届出等手続の総合窓口」からも
お申し込みいただけますその他
受講には、特別展「古代の出雲」観覧券、または観覧券の半券(観覧済み
の場合)が必要となります。斎宮歴史博物館友の会会員の方は、会員証
をご提示ください。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/index.shtm

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

考古学フォーラム情報BOX631

▼ 発掘調査========
● 岐阜県文化財保護センター:
「平成28年度洞第2古墳群発掘調査現地見学会」
日 時:平成28年9月24日(土) 午後1時30分〜午後3時30分<小雨決行>
    悪天候の場合は中止(警報発令等)
    ※中止の場合は当センターホームページに中止連絡を掲載します。
場 所:洞第2古墳群 発掘調査現場(岐阜市洞地内)
調査成果:新たに2基の古墳時代後期の古墳を確認
連絡先:岐阜県文化財保護センター調査課(岐阜市三田洞東)TEL 058-237-8550
洞第2古墳群発掘調査現場事務所(岐阜市洞)TEL 080-2637-1611
担 当:河合・杉山
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27221/

2

3

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 第60回名古屋東アジア史研究会
日 時:2016年9月12日(月)18時30分より
場 所:南山大学第一研究棟4階 エレベーターホール右奥の会議室
発表者:伊藤秋男 先生
内 容:「伽耶・昌寧古墳群の最近の調査と成果」
 韓国三国時代の伽耶の一つ比自伐、その故地昌寧において最近注目を集めた古墳群の最新の発掘調査所見をうかがいます。
※ なお、当日資料代金として、200円をお願いします。
※ 本研究会についてのお問い合わせは下記まで。南山大学へはお問い合わせにならないようお願いします。
問い合わせ先:
 名古屋市昭和区楽園町93
  名古屋市立川名中学校 木村光一 052-832-2230

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 半田市立博物館:
「古代のくらし -知多半島の縄文・弥生・古墳時代-」
会 期:9月10日(土曜日)〜10月10日(月曜日)
http://www.city.handa.lg.jp/hkbutsu/bunka/gejutsu/hakubutsukan/hakubutsukan.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »