« 考古学フォーラム情報BOX549 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX551 »

2014年12月23日 (火)

考古学フォーラム情報BOX550

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 美濃加茂市民ミュージアム:
「みのかも定住自立圏事業 加茂の遺跡 展」
 1万年をさかのぼる歴史が知られる、加茂という地域については、各時代の遺跡が今も現地に残されています。そこでは長年にわたって発掘などの調査が行われてきたことで、確かにこの地域に暮らしていた、古代の人々の営みを知ることができるようになってきました。また、そのような契機となった遺跡の発見や調 査にあたり、研究者をはじめとする多くの市民が果たした役割も見のがすことはできません。
 本展では、これまでの考古学を中心とした研究の成果と共に、伝えられてきた文化遺産や歴史と地域、関連する市民活動を紹介します。展示を通じ、今後、私たちがこれらとどのように関わり合っていくのか考える機会になれば幸いです。
会 期:2014(平成26)年12月6日(土曜日)〜2015(平成27)年2月1日(日曜日)/45日間
会 場:美濃加茂市民ミュージアム企画展示室
観覧料:無料

http://www.forest.minokamo.gifu.jp/index.cfm

2014_12_400

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
■ 出版案内========
● 「史跡東之宮古墳」報告書のご案内
 国史跡指定東之宮古墳は、愛知県犬山市にある前方後方墳です。1973年に第1次発掘調査が実施され、その調査内容は当時の日本考古学界を驚かせました。未盗掘の竪穴式石室から、三角縁神獣鏡4面や特異な人物禽獣文鏡4面を含む11面もの鏡、精巧に作られた腕輪形石製品や合子からなる石製品類等の見事な副葬品が、原位置で検出されたのです。1978年には出土品全てが国の重要文化財に指定されました。
 現在、出土品は京都国立博物館の所蔵となっており、一部が当博物館で常設展示されています。
 11月に開催した「史跡東之宮古墳シンポジウム」では、国立歴史民俗博物館名誉教授 白石太一郎氏、京都美術工芸大学教授/高岡市美術館館長 村上隆氏、東之宮古墳の第4次・第5次発掘調査に携わった鈴木康高氏による講演、各分野の専門家によるパネルディスカッションがあり、多方面からの専門的なご意見を伺うことができました。
 当市では、東之宮古墳の調査成果をまとめた「史跡東之宮古墳」報告書を販売しています。この報告書には、今年、村上隆氏の研究で全国的に話題となった三角縁神獣鏡に関する写真等も多数掲載されており、見応えある内容となっております。ぜひ、この機会にお買い求めいただきたく、ご案内をさせていただきます。

「史跡東之宮古墳」報告書の販売について
 価 格:8,500円(税込み)
 販売場所:
  犬山市役所3階 歴史まちづくり課
  青塚古墳史跡公園ガイダンス施設
  犬山市文化史料館(城とまちミュージアム)
 支払方法:
  1. 上記窓口において、現金支払。
  2. 指定金融機関への振込。
    ※指定金融機関への振込をご利用の際は、犬山市教育委員会 歴史まちづくり課へ電話・FAX・メールにてお申込みください。
    ※ご注文の際、郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望部数をお知らせください。
    ※報告書の在庫がなくなり次第、販売を終了させていただきます。
問合先:犬山市教育委員会 歴史まちづくり課
     TEL:0568-44-0354   メール:070700@city.inuyama.lg.jp

3

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX549 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX551 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX550:

« 考古学フォーラム情報BOX549 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX551 »