« 考古学フォーラム情報BOX498 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX500 »

2013年12月15日 (日)

考古学フォーラム情報BOX499

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会12月西三河定例会
日 時:平成25年12月19日(木) 19時〜
会 場:安城市安祥公民館(安城市歴史博物館隣接施設)
内 容:研究発表
   「安城市東町獅子塚古墳の研究」西島庸介氏(安城市歴史博物館)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 高浜市やきものの里かわら美術館:
「瓦だけじゃない —かわら美術館考古資料展—」
 かわら美術館は日本・中国・朝鮮半島の古代瓦を中心とした全国屈指の瓦コレクションを有しています。また、瓦や屋根に関連するさまざまな芸術作品(風景画・浮世絵・写真など)を所蔵していることは、広く知られています。? これらの作品や資料は常設展のほか、テーマを定めた企画展で順次公開していますが、美術館には実はこのほかにもさまざまな種類の資料が所蔵されています。彼らは皆さんにお会いする日を楽しみに、いつもは収蔵庫でお休みしています。? 今回の展覧会では、このような中々公開する機会の少ない、屋根瓦や絵画・写真などの美術品以外のさまざまな資料を、一挙公開いたします。中でも瓦にゆかりの深い仏教美術作品(せん仏・瓦経など)や、屋根以外に使われる瓦質の建築部材(せん)などは「かわら美術館らしい」資料といえます。このほか西三河で出土した土器などの考古資料や、古代中国の文字のスタンプされた土器片や青銅器の鋳型などの珍品もあります。この機に、かわら美術館のコレクションの奥深さをどうぞご堪能ください。
会 期:平成26年1月2日(木)〜1月19日(日)
http://www.takahama-kawara-museum.com/exhibition/detail.php?id=309

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 瀬戸蔵ミュージアム:
企画展「古瀬戸 中期様式の展開」
会 場:瀬戸蔵ミュージアム 蔵特別展示室
日 程:平成25年12月07日(土) 〜 平成26年02月09日(日)
内 容:瀬戸焼の歴史の 中で最も華やかな時代と評価される「古瀬戸中期」は、鎌倉時代後半から室町時代のはじめに相当します。灰釉や鉄釉に彩られ、様々な意匠の文様で飾られた器 は、当時の上流階級を中心に積極的に受け入れられました。展示では、四耳壺や瓶子を始め、天目茶碗、茶入、狛犬など多種多様な資料を紹介します。
★ 歴史講演会
日 時:平成26年1月25日(土) 午後1時30分〜3時
会 場:瀬戸蔵多目的ホール(4階)
講 師:井上喜久男(愛知県陶磁美術館)
演 題:「古瀬戸の魅力」
 ※事前申し込み不要・参加無料
http://www.seto-cul.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX498 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX499:

« 考古学フォーラム情報BOX498 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX500 »