« 考古学フォーラム情報BOX466 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX468 »

2013年6月 1日 (土)

考古学フォーラム情報BOX467

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 第21回考古学研究会東海例会
「環境変化と人類活動—更新世から完新世への移行と東海地方の石器群—」
日 時:2013年7月27日(土)
場 所:三重大学人文学部3階大会議室
開催趣旨:
 縄文時代草創期には、更新世から完新世への劇的な環境変化が生じた。多くの古環境データから、長く続いた寒冷な環境が急激に温暖化した後に再び寒冷化し、その後、温暖な完新世を迎えたことが分かっている。この時期に、日本列島では定住化や土器の使用、食料資源の開発、狩猟具の変質などの多面的な変化が生じた。
 縄文時代草創期の東海地方東部には、数多くの有茎尖頭器が分布し、全国的にみても遺跡が集中する箇所である。また、縄文時代草創期の土偶は東海地方西部と近畿地方東部のみで発見されている。重要な地域であるが、これまで環境との関係から人類活動の変遷が検討されることは乏しかった。近年の全国的な放射性炭素年代測定例の蓄積は、環境と石器群の対比を可能にしつつある。この会では、東海地方の縄文時代草創期の石器群の変化を周辺地域とともに検討し、この時期に人類がどのように環境に対応したかを明らかにしたい。
12:30〜12:35  開催挨拶
12:35〜13:15  研究報告1 三好元樹(志摩市教育委員会)
「縄文時代草創期の生活と環境—日本列島のなかの東海地方の位置—」
13:25〜14:05  研究報告2 藤山龍造(明治大学・文学部)
「ヒトの動きから″縄文時代のはじまり″を探る」
14:05〜14:45  研究報告3 光石鳴巳(奈良県教育委員会文化財保存課(兼)橿原考古学研究所)
「本州西部の縄文時代草創期:石器群と環境」
14:55〜15:35  研究報告4 田部剛士(鈴鹿市考古博物館)
「東海・近畿地方における石器群の変遷」
15:35〜16:15  研究報告5 芝康次郎(国立文化財機構奈良文化財研究所)
「九州地方における縄文時代草創期石器群の変遷」
16:25〜17:25  総括討論
17:25〜17:30  閉会挨拶
18:00〜     懇親会

問い合わせ先:三好元樹(mmiyoshi@live.jp)

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
■ 出版案内========
● みずほ別冊『弥生研究の群像』
 —七田忠昭・森岡秀人・松本岩雄・深澤芳樹さん還暦記念— 刊行のご案内

刊 行:2013年5月26日
頒 価:3,000円(送料、振込手数料はご本人負担)
申 込:E-mail / yamato_yayoikai@yahoo.co.jp
FAX / 0743-66-3830(埋蔵文化財天理教調査団)
※共に氏名、送付先、送付先電話番号、申込冊数を明記の上、池田保信あてにお送りください(職場などの場合、まとめての申込が送料は安くなります)。
※FAXの場合、E-mailを記載して下さい。送付方法、精算についてご連絡します。
送 料:2冊まではレターパックプラス(500円)を利用します。これは郵便受けへのお届けではなく、対面でのお届けとなります。3冊以上の場合は、宅配便を利用します。地域により料金が変わるので、送付時に明細を同封してご案内します。
問 合:632-0061 奈良県天理市永原町128-1(埋蔵文化財天理教調査団)
池田保信/ TEL 0743-67-1626
HP:http://www.yayoi.sakuraweb.com/
★目 次:
北海道・道南地域における縄文時代晩期後半から続縄文時代前半の磨製石斧の様相・・・佐藤由紀男 1
考古学研究の近現代史・学史を! ・・・石川日出志 23
柳田國男とミネルヴァ論争・・・設楽博己 31
南関東地方における弥生時代中期土器研究の課題と展望・・・小倉淳一 39
弥生石器のデポ・・・杉山浩平 49
玉津田中遺跡出土木戈の祖型・・・寺前直人 59
北陸福井県南越地方の弥生時代中期後半の様相−越前市(旧今立町)横枕遺跡と盆山古墳群(下層の高地性の環濠集落)の再評価− ・・・赤澤徳明 69
物質文化としての「道具」をかんがえる−「第三の道具」の提案− ・・・永井宏幸 83
型式・型式学と技術学的研究−動作連鎖概念をめぐって− ・・・黒沢浩 91
埋葬施設における赤色顔料使用の変化と歴史的背景・・・石井智大 103
大和弥生集落研究の地平−回顧と展望をめぐる断想− ・・・川部浩司 117
対談『考古少年たちの軌跡』パートI「考古少年時代」・・・130
近江中期弥生土器における器種の量的分析・・・伊庭功 141
集落形成にみる地域の個性断章−「乙訓らしさ」とは何か−・・・國下多美樹 151
後期前葉の3墳墓の集落を求めて−墳墓から弥生時代後期の集落を復原する−・・・肥後弘幸 159
集住から散住へ−弥生後期「乙訓低地帯遺跡群」の評価−・・・伊藤淳史 171
墓域における分節構造の把握に関する一試論・・・藤井整 181
丹後地域における葬送儀礼への他地域からの影響について・・・村田裕介 193
銅鐸・祭器から素材へ−脇本遺跡と大福遺跡の調査成果から−・・・池田保信 203
奈良盆地の弥生土器と「様式」・・・・桑原久男 217
小規模集落の位置付けについて−奈良盆地東南部のいくつかの事例の検討−・・・川上洋一 223
石針の先端−玉作穿孔実験から−・・・庄田慎矢・木内智康・小寺智津子・増田洋基 233
対談『考古少年たちの軌跡』パートII「血気盛んな大学生時代」・・・242
紀伊における周溝墓の変質 ・・・田中元浩 259
行き交うモチーフ、とどまるモチーフ ・・・村田幸子 273
近畿地方の弥生時代玉生産に関する覚書−製作技術とその背景− ・・・廣瀬時習 287
庄内式の再素描 ・・・市村慎太郎 297
神戸市域における丘陵上集落について ・・・阿部敬生 305
播磨周縁部摂津北部地域の1○(いちまる)型中央土坑 ・・・山崎敏昭 319
淡路型甕の類型−調整手法の差異とその特殊性− ・・・池田毅 329
弥生時代の「境界 」・・・荒木幸治 339
対談『考古少年たちの軌跡』パートIII「激動の文化財行政世界へ」・・・350
台付装飾壺 ・・・松井潔 359
突帯文土器前半期のアワ圧痕−鳥取県青木遺跡におけるレプリカ法調査− ・・・?田竜彦 377
弥生時代鉄鏃の着柄構造−鳥取県・松原1号墓の特異な副葬鉄鏃−・・・高尾浩司 389
山陰西部の集落遺跡−古志本郷遺跡・下古志遺跡の検討− ・・・中川寧 401
弥生墳丘墓に付随する様々な遺構 ・・・会下和宏 411
宮山墳丘墓は古墳か ・・・平井典子 421
吉備南部弥生時代後期から終末期における土器生産について−岡山市百間川原尾島遺跡出土土器の検討を通して− ・・・河合忍 431
太平洋沿岸地域における弥生文化の成立と田村遺跡 ・・・出原恵三 445
銅鐸と土器の文様をめぐる覚書 ・・・吉田広 457
古代瀬戸内海における海上活動に関する一試論 ・・・柴田昌児 463
対談『考古少年たちの軌跡』パートIV「4人への質問」・・・478
タタキ技法はいつまでさかのぼるか−弥生早・前期の甕を中心に− ・・・武末純一 497
<歴史意識>のはじまりと弥生時代 ・・・溝口孝司 509
弥生時代小型青銅器の生産と展開について−貝輪系銅釧を中心に− ・・・田尻義了 521
博多湾沿岸域出土の日本海沿岸系土器−土器からみた弥生時代後期における日本海交流の様相− ・・・森本幹彦 533
寺福童と柳沢−青銅器複数埋納の東と西− ・・・山崎頼人 545
考古学と環境教育の可能性−弥生時代を例に−・・・マーク・ハドソン、青山真美、岡田真弓、川島尚宗 559
弥生時代の倉庫群の展開に関する一考察−有明海沿岸地域を中心に− ・・・重藤輝行 569
対談『考古少年たちの軌跡』パートV「若い人へのメッセージ」・・・580
プロフィール・・・586
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX466 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX468 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX467:

« 考古学フォーラム情報BOX466 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX468 »