« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月24日 (金)

考古学フォーラム情報BOX466

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 考古学フォーラム
「尾張低地の縄文時代検討会」
日 時:2013年6月22日(土)13時より
場 所:一宮市博物館 講座室
発表者:川添和暁「これまでの馬見塚遺跡の調査成果から—地形解析結果を含めて—」
松本 彩「馬見塚遺跡出土資料の再整理」 
永井宏幸「馬見塚遺跡73年調査の報告—土器を中心に—」
 考古学フォーラムでは、25年度、馬見塚遺跡をはじめとして尾張低地帯を舞台にした縄文時代の様相を解明するために、シンポジウムを開催します。
 今回は、事前検討会の2回目で、馬見塚遺跡についての最近の分析成果をご報告します。
 なお、当日資料代金として、500円をお願いします。
問い合わせ先:考古学フォーラム研究会担当  川添和暁
e-mail:NQC10551@nifty.com

02

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
■ 出版案内========
● 吉村睦志著『日本古代釉の系譜』(<株>アットワークス発行)の御紹介
 我国の考古学・陶磁史上の定説として、最古の施釉陶器は奈良三彩や緑釉などの鉛釉であること、また平安時代を中心とする猿投古窯などの灰釉は植物灰単味であるとされてきました。本書は、それらの古代釉の定説を覆す、著者の40年にわたる研究の集大成です。
 著者は採集した多くの陶片資料を、EPMA装置(電子線照射による放出X線で分析する最先端機器)によって分析。その結果、植物灰単味の釉だとされていた猿投古窯のなかに、長石質の成分が人為的に混合された釉の存在を確認。また、古墳時代の須恵器にも、人工的に鉄成分を配合した鉄釉も多数確認。すなわち、最古の施釉陶器とされていた奈良三彩よりも古い須恵器鉄釉の存在が明らかに。そしてまた、日本初の石質原料を調合した本格的施釉陶器が、鎌倉時代の古瀬戸ではなく、猿投窯であるという事実がこの研究によって明らかになりました。
概要は、中日新聞5月21日(火)朝刊の文化欄「猿投古窯の陶器にも施釉」に掲載。

※吉村睦志(よしむら むつし)略歴
1961年名古屋大学工学部勤務。1962年(株)豊田中央研究所入社。1996年(財)豊田理化学研究所入所。非常勤講師。名古屋市の見晴台遺跡をはじめ、主として名古屋市や豊田市などの遺跡調査に参加。その間、釉に関心を持ち、古代釉の解明を研究課題とした。愛知県の遺跡調査員、豊田市文化財保護審議会委員などを歴任。日本考古学協会、日本文化財科学会、考古学研究会、名古屋考古学会に所属

お問合せ:吉村睦志 
     473−0927 豊田市中田町日新2−34  Tel(0565)57−2173
※『日本古代釉の系譜』の定価 — 2000円+税、アマゾンにても取扱い中です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

考古学フォーラム情報BOX465

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 吉胡貝塚資料館:
講座のお知らせ
 「本格派貝のアクセサリーづくり」の講座では、日本で2番目に貝輪づくりの名人と自称する増山が、海で貝素材を拾うところから、貝輪の製作のノウハウをすべて教えます。縄文時代の装身具に興味のある方はぜひ参加ください。
・6/9(日) 12時30分〜16時
「縄文コースターづくり」
アンギンという縄文時代からある編み方でコースター作りをします。
20名(小3以下は保護者用同伴)  300円
・6/22(土) 9時30分〜15時30分
「本格派貝のアクセサリーづくり」
海岸で貝を拾いオリジナル貝アクセサリーを作ります。(資料館からバスで海まで移動します)
20名  参加費 200円
対 象:どなたでも
申し込み:電話またはEメールにて(FAXの場合は、講座名・住所・氏名・電話番号を明記)/申込者多数の場合は先着順
申込先:吉胡貝塚資料館
0531−22‐8060 FAX0531−22‐8070
E-Mail:yoshigo@city.tahara.aichi.jp
http://www.yoshigo.gr.jp/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 朝日遺跡国重要文化財指定記念展講演会・シンポジウム
日 時:5月18日(土)午後1時から午後4時まで
場 所:清洲市民センター・ホール 452−0942 清須市清洲弁天96−1
講演会:
講 師 深澤芳樹(奈良文化財研究所副所長)
演 題 「朝日遺跡、東海に花開いた弥生文化」
シンポジウム 「朝日遺跡、弥生時代の技術と社会」
司会 石黒立人(愛知県埋蔵文化財センター)
パネラー 深澤芳樹、宮腰健司、永井宏幸、樋上昇、川添和暁、原田幹
定 員:350人
参加費:無料
申 込:不要
★「朝日遺跡、よみがえる弥生の技」(愛知県清洲貝殻山貝塚資料館)は19日(日)まで開催中。
※貝殻山貝塚資料館は、平成25年5月20日(月)から28日(火)まで展示入れ替えのため臨時休館します。
http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/asahi/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

考古学フォーラム情報BOX464

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会西三河定例会
日 時:平成25年5月16日(木) 午後7時〜
会 場:安祥公民館 (446-0026 愛知県安城市安城町城堀30)※安城市歴史博物館に隣接しています
内 容:平成24年度の発掘調査報告  
1 幸田町 石原憲人(幸田町教育委員会)
2 西尾市 三田敦司(西尾市教育委員会)

その他:有料会場なので、会場使用料として参加者から100円徴収します。
三河考古学談話会総会後、最初の定例会です。多くの方の参加をお待ちしています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 渥美窯消費遺跡資料見学会
日 時:2013年6月1日(土)10:00〜16:00
場 所:豊橋市文化財センター
住 所:440−0897 豊橋市松葉町3丁目1番地
内 容:豊橋市教育委員会所蔵の渥美窯の資料と消費遺跡の中世陶器、豊川市教育委員会所蔵の消費遺跡出土の中世陶器を検討します。時期は灰釉陶器の終わりから中世陶器までです。
 豊橋市:橋良東郷古窯、西山古窯、大膳古窯等、市道遺跡、公文遺跡等
 豊川市:国分寺北遺跡、白鳥遺跡等
目 的:渥美窯・中世湖西窯の製品は、三河・遠江の消費遺跡で最も普遍的に出土する遺物の一つです。そこで、煮炊具である土師器の鍋や古瀬戸等との共伴資料を検討し、他器種の土器編年との比較を行い、編年観の再検討を行います。
連絡先:豊橋市文化財センター 贄 元洋 0532-56-6060

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● みよし市立歴史民俗資料館:
春季企画展「覗いてみよう 石器の世界-稲垣輝行氏寄贈資料から-」
期 間:平成25年5月3日(金曜日)から6月30日(日曜日)まで
 市内在住の稲垣輝行氏より寄贈された日本各地の石器の数々を展示紹介します。
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/shiryoukan/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●土岐市美濃陶磁歴史館:
重要文化財指定記念「元屋敷陶器窯跡出土品展」
期 間:5月17日(金)〜7月15日(月)
会 場:土岐市美濃陶磁歴史館
http://www.city.toki.lg.jp/wcore/hp/page000000600/hpg000000536.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »