« 考古学フォーラム情報BOX453 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX455 »

2013年2月17日 (日)

考古学フォーラム情報BOX454

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河定例会(2月)
日 時:2月21日(木)19:00〜
場 所:安城市埋蔵文化財センター
内 容:矢作川中・下流域における土地利用の変遷と地域性−古墳時代−
発表者 西島庸介(安城市教育委員会)・日吉康浩(高浜市教育委員会)・石原憲人
(幸田町教育委員会)・青井美稚子(岡崎市教育委員会)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 静岡県考古学会:
2012年度シンポジウム 「考古学からみた静岡県の自然災害と復興」
期 日:平成25年3月10日(日)
会 場:浜松市地域情報センター(浜松市中区中央一丁目12-7)
参加費:無料
開催趣旨:
 2011年3月11日。宮城県沖を震源とする巨大地震と大津波は、私たちがこれまで経験したことのない大規模な災害を引き起こしました。報道された災害の映像は、現実の出来事とは思えないほどの衝撃的なものでした。
 考古学の発掘調査では、地震・洪水・噴火といった自然災害の痕跡も発見されます。なかでも静岡県では、将来大規模な災害が想定されている東海地震の 過去の痕跡などが発見されており、防災の観点からも特に注目されています。静岡県考古学会では、東日本大震災をきっかけに、このような遺跡から発見される 自然災害の痕跡を集成・整理することが急務であるとの認識を持ちました。
このシンポジウムでは、これまでに県内の遺跡で発見された自然災害の痕跡について報告し、検討を行います。東日本大震災から2年を迎えるにあたり、過去の自然災害を知り、今後の防災について考える機会となれば幸いです。
日 程: 3月12日(日)9:30〜
9:30 開場
10:00 開会
10:10 報告「火山」佐藤祐樹・藤村翔
10:40 報告「津波」後藤健一
11:10
講演「津波災害について」藤原治(産業技術総合研究所)
12:10 休憩
13:00 報告「水害」古牧直久
13:30 報告「地震と津波」大谷宏治
14:10
講演「考古学から見た地震」
寒川旭(産業技術総合研究所)
15:20
座談会「防災活動における考古学の貢献について」

http://s-koukogaku.org/

20121

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX453 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX455 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX454:

« 考古学フォーラム情報BOX453 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX455 »