« 考古学フォーラム情報BOX380 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX382 »

2011年7月20日 (水)

考古学フォーラム情報BOX381

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河定例会(7月)
日 時:7月21日(木)19:00〜
場 所:安城市埋蔵文化財センター
発 表:平成22年度の発掘調査 西尾市・刈谷市編
  「江原城跡発掘調査」 浅岡 優 氏(西尾市教育委員会)
  「刈谷城跡確認調査」「西根8号・9号窯跡の確認調査」鵜飼堅証 氏(刈谷市教育委員会)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館:
企画展「丼・徳利・珈琲碗−美濃窯における地域分業への歩み−」
 東濃地域は古くから陶磁器の生産が盛 んです。土岐市においてもさまざまな製品を生産していますが、その中でも「駄知の丼」「下石の徳利」「妻木の珈琲碗」といったように、町ごとで特産品と呼 ばれる製品があります。それでは町ごとに異なる器種を作り、特産品とした背景にはどのような状況があったのでしょうか
 企画展「丼・徳利・珈琲碗−美濃窯における地域分業への歩み−」では、江戸時代後期から近代にかけての美濃窯における生産状況を概観します。そして町ごとに特産品が作られるようになった背景を紹介します。
期 間:平成23年7月22日(金)〜9月25日(日)
http://www.city.toki.lg.jp/wcore/hp/page000000600/hpg000000536.htm

Scan42_16

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 東海3県10館:
NHK BSプレミアム アニメ「へうげもの」関連企画 
東海3県10館合同展覧会 「織部・大数寄(ダイスキ)・コレクション」
 BSプレミアムで放送中のアニメ「へうげもの」は、戦乱の世でありながら、茶の湯の世界に心奪われた「へうげもの」の武将・古田左介(織部)の生きざまを描く物語です。
 この主人公である古田左介(織部)に東海3県はゆかりが深く、また多くの織部焼が作られてきました。
 そこで、この放送に連動して、東海3県の10館が所蔵する“織部”にゆかりのある選りすぐりの作品を、3つの テーマにわけて一斉に展示します。期間 中、ぜひ1つでも多くの開催間にお出かけいただき、斬新な織部の世界と、織部を育んだこの地域の魅力をご堪能ください。
会 期:平成23年7月5日(火)〜9月25日(日)
内 容:
 第1章 織部と茶の世界
     徳川美術館、名古屋市博物館
 第2章 織部と美濃焼
     愛知県陶磁資料館、岐阜県陶磁資料館、岐阜市歴史博物館、土岐市美濃陶磁歴史館
 第3章 江戸〜近代における桃山ルネサンス
     岐阜県現代陶芸美術館、石水博物館、瀬戸蔵ミュージアム、豊蔵資料館
http://www.nhk.or.jp/nagoya/hyouge/

Scan10_2

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX380 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX382 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX381:

« 考古学フォーラム情報BOX380 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX382 »