« 考古学フォーラム情報BOX365 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX367 »

2011年2月23日 (水)

考古学フォーラム情報BOX366

■ 出版案内========
● 『考古学フォーラム20号』
-三河国造から青見評の時代-西三河地域の6〜7世紀-
 1500円(250g)
・三河国造の時代から青見評の時代へ  西宮秀紀
・岡崎市小針遺跡の再評価-古代集落の変遷と画期を中心として-  山口遥介
・北野廃寺の伽藍と造瓦-北野廃寺軒瓦一覧-           永井邦仁
・北野廃寺は三河国造の寺か                  永井邦仁
・西三河における古墳時代後期の集落遺跡-集落の消長を中心に-  石原憲人
・三河国碧海郡域の渡来系遺構・遺物と渡来系集団の動向      早野浩二

《申し込み方法》 送付の場合、代金と送料を郵便振替でお送りください。
口座番号   00800−6−129056 考古学フォ−ラム
送 料:1冊 210円(複数冊の場合は下記HPの新刊案内を参照下さい)
http://a-forum.air-nifty.com/blog/
問い合わせ:考古学フォーラム事務局 川添和暁
e-mail NQC10551@nifty.com

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 静岡県考古学会
2010年度シンポジウム 「江戸の石を切る−伊豆石丁場遺跡から見る近世社会−」
期 日:平成23年3月5日(土)・6日(日)
会 場:起雲閣 音楽サロン(熱海市昭和町4-2)
交 通:
JR熱海駅より徒歩20分
湯〜遊バス「起雲閣」バス停 下車 徒歩0分
熱海駅より 3番乗場 相の原団地行き「下天神町」バス停下車 徒歩0分
※シンポジウム参加者用の駐車場はございませんので、乗用車でのご来場はご遠慮ください。
参加費:無料 ただし資料代は別途実費(2,500円程度)がかかります。
問合せ:熱海市教育委員会生涯教育課 TEL 0557−86−6572(栗木)

開催趣旨:
日本史上最大の城郭である江戸城の石垣の大部分は、西相模から伊豆半島産の石材と考えられている。18世紀には人口百万人を超える大都市江戸、その礎となった伊豆石丁場遺跡群は伊豆半島全体に存在する全国的にも希な遺跡群であり、そこには大規模な土木事業を支えた技術革新や、大量消費という近世社会の特徴の一端を採石遺跡である石丁場から垣間見ることができる。
 近年の調査によって明らかになりつつある石丁場遺跡から近世社会の成立を考えるとともに、江戸・駿府・小田原などの都市遺跡を形成した石材消費とその生産遺跡の実態を検討することで、都市構築と伊豆石丁場遺跡群の両者を比較検討し、近世社会の成立と展開を考えたい。
日 程:
・3月5日(土)13:00〜
開場・挨拶  向坂鋼二(静岡県考古学会会長)
趣旨説明
発 表
「伊豆半島の火山と石材」  山下浩之(神奈川県立生命の星・地球博物館)
「中世伊豆半島の石材利用状況」   栗木崇(熱海市教育委員会)
「熱海・伊東・東伊豆(伊豆東海岸)」  杉山宏生(伊豆市教育委員会)
「沼津市周辺」  鈴木裕篤・原田雄紀(沼津市教育委員会)
「下田周辺」  増山順一郎(下田市教育委員会)
「駿府城石垣と採石場」  山本宏司(静岡市教育委員会)
・3月6日(日)9:30〜
発 表
「江戸城、城下の石材の利用状況」  後藤宏樹(千代田区四番町歴史民俗資料館)
「小田原、城下の石材の利用状況」  吉田千沙子(小田原市教育委員会)
「西相模」  三瓶裕司(財団法人かながわ考古財団)
「伊豆の石割技法と流通・運搬」  金子浩之(伊東市教育委員会)
記念講演
「江戸における伊豆石の世界」  坂誥秀一(立正大学名誉教授)
総合討論
紙上報告
※内容は予告なく変更することがあります

http://s-koukogaku.org/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館
第23回織部の日 特別展「桃山時代の価値観−九州諸窯の成立と美濃−」
期 間:平成23年2月26日(土)から5月8日(日)
 本特別展では朝鮮出兵を契機として成立する朝鮮系諸窯が、戦国大名の価値観を反映した製品を焼成していたと考え、九州(特に肥前)を中心に桃山期から江戸初期の製品の変化を通覧し、この時期の『武家の価値観』を提示します。そして、『武家の価値観』を基礎として美濃窯の製品を見直し、桃山期から江戸初期の美濃窯の生産のあり方について再検討し、『桃山時代の価値観』として紹介します。
★ 講演会
日 時:平成23年3月20日(日) 午後1時30分から
講 師:竹本千鶴氏(国学院大学兼任講師)
演 題:中世武家社会の「大名茶湯」-桃山茶陶の前章-
場 所:土岐市文化会館2F 大会議室(美濃陶磁歴史館隣)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX365 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX367 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX366:

« 考古学フォーラム情報BOX365 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX367 »