« 考古学フォーラム情報BOX361 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX363 »

2011年1月26日 (水)

考古学フォーラム情報BOX362

■ 出版案内========
● 第9回東海縄文研究会資料集
 東海縄文研究会は、平成22年(2010) 12月25日に「縄文晩期前半の土器編年〜愛知県三河地方を中心に〜」をテーマとして第9回研究会を開催しました。研究会に際して作成した発表要旨及び資料集について、下記のようにご案内いたします。
資料集の仕様:A4判上質紙、106頁、無線綴じ
資料集の価格:1,000円(郵送の場合は、別途送料100円)
資料集の内容:
p.01−08 長田友也 「矢作川流域における晩期前半の状況−見学資料の概要説明を中心に−」
p.09−44 参考資料 「豊田市内出土資料(抜粋)」
p.45−60 佐野 元 「体部条痕系縁帯文土器型式群の文様組列」
p.61−76 増子康眞 「三河の縄文後期末〜晩期初頭土器」
p.77−86 大塚達朗 「小林行雄「様式」も小林達雄「様式」も不要」
p.87−98 松井直樹 「枯木宮遺跡(寺津)貝塚の出土土器について」
p.99-106 山下勝年 「下別所遺跡の下別所式土器」
郵送申込方法:資料集は、東海縄文研究会や各地の研究会で販売しますが、具体的な予定は決めていません。お急ぎの方は、郵送料分を加えた郵便小為替または現金書留を下記あてお送りください。お届け先の住所・氏名をお書き添え願います。
送り先:464-0005 名古屋市千種区千代が丘5−N−501 伊藤正人 宛
問合せ:E-mail=itosan-nagoya@w8.dion.ne.jp

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
●養老町:象鼻山古墳シンポジウム
「邪馬台国時代の象鼻山-古墳出現の背景を探る-」
 発掘調査から得られた新たな発見をふまえ、邪馬台国時代の象鼻山について、日本の考古学会を代表する講師陣に討論していただきます。象鼻山古墳群が語りだした倭国大乱の時代に、あなたも触れてみませんか。
期 日:2011年2月11日(金・祝)
時 間:13:00〜16:45(12:30開場)
会 場:養老町民会館、岐阜県養老郡養老町石畑
問い合わせ:養老町教育委員会生涯学習課
      0584-32-1100
※ 参加無料・予約不要
講師:石野博信・宇野隆夫・赤塚次郎
http://www.town.yoro.gifu.jp/view.rbz?cd=886
http://www.tagizou.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX361 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX363 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX362:

« 考古学フォーラム情報BOX361 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX363 »