« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月17日 (火)

考古学フォーラム情報BOX341

::: 2010.8.17:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会:西三河定例会
日 時:平成22年8月19日(木)19:00〜
場 所:安城市埋蔵文化財センター 
発 表:井上直巳(豊田市教育委員会文化財課)
    「豊田の山寺」
問い合わせ先:kentaro813@hotmail.com
http://homepage3.nifty.com/t-hy-mikawa/new/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 静岡県考古学会:東部例会
日 時:9月4日(土) 18:00〜20:00
場 所:三島市生涯学習センター「いきいきホール」第1研修室
発表者・題目:杉山宏生(伊東市教育委員会)「(仮)伊豆東海岸の石丁場遺跡」
担 当:小崎晋(沼津市教育委員会TEL055-952-0844)、栗木崇(熱海市教育委員会TEL0557-86-6572)
http://s-koukogaku.org/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

考古学フォーラム情報BOX340

::: 2010.8.13:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 磐田市文化財課企画展
「くろがね・しろがね・あかがね−くらしのなかの金属−」
 磐田市内の遺跡から見つかった、鉄・銀・銅でできた出土品をはじめ、最近まで使われていた鍛冶職人の道具などを展示します。生活のなかで金属がどう利用されてきたのか、その歴史を考古遺物を中心に紹介します。
 期間中、8月8日(日)、8月21日(土)、8月29日(日)の13:00〜15:00に、元鍛冶職人の市川安郎氏のお話を聞くことができます。
日 時:平成22年7月31日(土)〜8月29日(日)(月曜日・8月27日は休館)
    火〜金曜日 9:00〜18:00
    土・日曜日 9:00〜17:00
場 所:磐田市立中央図書館 展示室(磐田市見付3599−5)
問い合わせ:磐田市教育委員会文化財課 TEL 0538−32−9699
★ 磐田市文化財課企画展記念講演会
「青銅鏡の神秘と磐田の古墳時代」
 銅鏡とはどんなものか、なぜ古代の人びとはこれを貴重視したのか、磐田市内から出土した古墳時代の青銅鏡をよく知る森下章司氏に、一般向けのお話をしていだきます。
講 師:大手前大学 准教授 森下章司
日 時:平成22年8月22日(日)14:00〜16:00
場 所:磐田市立中央図書館 視聴覚ホール(磐田市見付3599−5)
入 場:無料
定 員:先着150名
申し込み:電話で文化財課 0538−32−9699へ
http://www.city.iwata.shizuoka.jp/news/kikakuten.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 清須お城フォーラム「知られざる戦国の清須」
 これまで明らかになっていない中世から戦国時代の清須について、考古学の成果から解き明かし、清須市の新たな魅力を発掘します。
と き:9月11日(土曜日) 午後1時30分から3時30分 ※開場は午後1時から
ところ:清洲市民センター ホール
講 師:千田 嘉博氏(奈良大学教授)
    鈴木 正貴氏(愛知県埋蔵文化財センター)
定 員:350名(事前申込みは必要ありません。)
問合せ:生涯学習課(清洲市民センター)  電話052-409-6471
http://www.city.kiyosu.aichi.jp/benri/03.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

考古学フォーラム情報BOX339

::: 2010.8.8:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 松阪市文化財センターはにわ館
「仏教開花〜花開く仏教文化〜」
会 期:平成22年7月24日(土)〜9月26日(日)
★ 講演会
「天武・持統の寺・聖武の寺」 三重大学文学部教授 山中 章氏
日 時:9月18日(土) 13時30分〜15時00分
会 場:文化財センター第3ギャラリー(定員80名)
※ 予約不要。直接会場へどうぞ。
http://www.city.matsusaka.mie.jp/bunka/shisetsu/haniwakan/kaikan.html

Bukkyou_2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館 
企画展『よくわかる!やきものの焼き方』
 やきものは成形・施釉・焼成という作業を通して作られます。特に焼成は製品の出来を左右するとても大切な作業です。もちろん、現在のようにガスや電気の窯はありません。窯全体に火を行き渡らすために、大量の薪を使い、時間をかけて焼き上げるのです。失敗したら全てが無駄になってしまう、とても気を使う作業なのです。_ このように手間のかかる焼成作業において、昔の人たちは考えました。どうしたら失敗しないで、効率よく焼くことができるだろうか?その結果、様々な窯詰めの方法や道具が考え出されました。現在、こうした工夫の跡は出土遺物を通して知ることができます。_ 今回の展示では、普段の展示では見る機会の少ない窯道具をはじめ、美濃窯における窯詰め技法の変化を紹介します。
期 間:平成22年7月23日(金曜日)〜10月3日(日曜日)
★ 講演会
演 題:『中世から近世における瀬戸・美濃窯の生産技術』
講 師:金子健一氏(財団法人瀬戸市文化振興財団 埋蔵文化財センター職員)
日 時:9月12日(日曜日) 午後1時30分〜午後3時
場 所:土岐市文化会館 2階大会議室(土岐市美濃陶磁歴史館隣り)
 ※ 入場無料
http://www.city.toki.gifu.jp/wcore/hp/page000000600/hpg000000536.htm

Yakikata1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 豊橋市美術博物館
「速報展示」
 豊橋市美術博物館の第1展示室発掘速報展示の展示替を行いました。平成18・19年度の牟呂坂津地区発掘調査の最新の成果を展示します。
内田貝塚(縄文後期中葉〜晩期中葉の土器、県内二例目の紡錘車形石製品など)
内田古窯(古墳時代の埴輪窯から出土した埴輪片)
若宮遺跡(豊橋市内でも有数である、土坑から出土した多量の灰釉陶器)
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:月曜日
http://www.toyohaku.gr.jp/bihaku/index.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »