« 考古学フォーラム情報BOX338 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX340 »

2010年8月 8日 (日)

考古学フォーラム情報BOX339

::: 2010.8.8:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 松阪市文化財センターはにわ館
「仏教開花〜花開く仏教文化〜」
会 期:平成22年7月24日(土)〜9月26日(日)
★ 講演会
「天武・持統の寺・聖武の寺」 三重大学文学部教授 山中 章氏
日 時:9月18日(土) 13時30分〜15時00分
会 場:文化財センター第3ギャラリー(定員80名)
※ 予約不要。直接会場へどうぞ。
http://www.city.matsusaka.mie.jp/bunka/shisetsu/haniwakan/kaikan.html

Bukkyou_2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館 
企画展『よくわかる!やきものの焼き方』
 やきものは成形・施釉・焼成という作業を通して作られます。特に焼成は製品の出来を左右するとても大切な作業です。もちろん、現在のようにガスや電気の窯はありません。窯全体に火を行き渡らすために、大量の薪を使い、時間をかけて焼き上げるのです。失敗したら全てが無駄になってしまう、とても気を使う作業なのです。_ このように手間のかかる焼成作業において、昔の人たちは考えました。どうしたら失敗しないで、効率よく焼くことができるだろうか?その結果、様々な窯詰めの方法や道具が考え出されました。現在、こうした工夫の跡は出土遺物を通して知ることができます。_ 今回の展示では、普段の展示では見る機会の少ない窯道具をはじめ、美濃窯における窯詰め技法の変化を紹介します。
期 間:平成22年7月23日(金曜日)〜10月3日(日曜日)
★ 講演会
演 題:『中世から近世における瀬戸・美濃窯の生産技術』
講 師:金子健一氏(財団法人瀬戸市文化振興財団 埋蔵文化財センター職員)
日 時:9月12日(日曜日) 午後1時30分〜午後3時
場 所:土岐市文化会館 2階大会議室(土岐市美濃陶磁歴史館隣り)
 ※ 入場無料
http://www.city.toki.gifu.jp/wcore/hp/page000000600/hpg000000536.htm

Yakikata1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 豊橋市美術博物館
「速報展示」
 豊橋市美術博物館の第1展示室発掘速報展示の展示替を行いました。平成18・19年度の牟呂坂津地区発掘調査の最新の成果を展示します。
内田貝塚(縄文後期中葉〜晩期中葉の土器、県内二例目の紡錘車形石製品など)
内田古窯(古墳時代の埴輪窯から出土した埴輪片)
若宮遺跡(豊橋市内でも有数である、土坑から出土した多量の灰釉陶器)
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:月曜日
http://www.toyohaku.gr.jp/bihaku/index.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX338 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX340 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX339:

« 考古学フォーラム情報BOX338 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX340 »