« 考古学フォーラム情報BOX326 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX328 »

2010年5月11日 (火)

考古学フォーラム情報BOX327

::: 2010.5.11:::

★ 発掘調査========
●浜松市:浜松城跡発掘調査 現地説明会
 昨年に引き続き、浜松城跡の天守門跡(てんしゅもんあと)の発掘調査を2010年5月17日から実施します。この発掘調査にかかわり、下記のように、調査成果を広くお伝えする現地説明会を開催いたします。是非、この機会に埋もれた地域の歴史にふれてみてください。
日 時:2010年5月30日(日)  午前10時・午後1時30分 の2回
会 場:浜松城跡 発掘調査現場(浜松城公園内、受付:若き日の家康像前)
申し込み:不要 直接会場にお越しください
備 考:雨天でも出土品見学は実施
浜松城跡への交通:
 浜松駅から、遠州鉄道バス13番のりば 「浜松城公園入口」下車
問い合わせ先:浜松市文化財課  電話:053-457-2466
http://www.hcf.or.jp/hall/event.php?no=13222

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 名古屋古代史研究会 5月例会
日 時:5月15日(土) 13:30〜  
会 場:名古屋大学文学部1F・小会議室   ※開始時間・会場がいつもとちがいます。ご注意下さい。 
報告者と報告内容:
 立松彰氏(東海市立平洲記念館・郷土資料館館長) 「古代の塩づくり」
連絡先:
464−8601(住所不要)名古屋大学文学部 日本史学研究室気付 名古屋古代史研究会  TEL/FAX 052−789−2228
http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~nihonshi/kenkyukai.html#Anchor55132

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館
企画展『花やぎのうつわ−御深井釉陶器の装飾技法−』
 慶長期(1596−1615)に全国的に広まった織部の流行は、17世紀前半には次第に終息し、美濃窯においても織部から御深井釉陶器へと生産の主流が変化していきます。
 本展では、御深井釉陶器に施された立体的な装飾「刻文」「型打ち」と、平面的な装飾「摺絵」を中心に概観し、単色の御深井釉の持ち味を生かした製品の魅力について紹介します。
期 間:平成22年5月14日(金曜日)〜7月19日(月曜日)
http://www.city.toki.gifu.jp/wcore/hp/page000000600/hpg000000536.htm

Hanayagi

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX326 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX328 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX327:

« 考古学フォーラム情報BOX326 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX328 »