« 考古学フォーラム情報BOX257 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX259 »

2008年12月18日 (木)

考古学フォーラム情報BOX258

::: 2008.12.18:::

★ 発掘調査========
● 四日市市教育委員会
久留倍(くるべ)遺跡現地説明会の開催
日 時:平成20年12月21日(日) 13時〜15時(予定)
 少雨決行。ただし、雨天の場合は現地での説明会は中止し、出土遺物を現場詰所で説明します。
場 所:久留倍遺跡発掘調査現場(四日市市大矢知町字久留倍)
・三岐鉄道「大矢知駅」から県道員弁四日市線を南へ800m、徒歩約15分
・四日市東ICから富田山城線を南東へ約2km、ホームセンターのある交差点を左折し約1kmで、私立あおい幼稚園(市内大矢知町)の東側
(公開地は、第11次調査地と第12次調査地の2ヶ所あります)
調査概要:
 久留倍遺跡は、四日市市大矢知町の南方に位置し、標高30m程の小高い丘陵上に所在する、弥生時代〜中世までの複合遺跡です。
 平成11年度から、一般国道1号北勢バイパス建設に伴う事前調査として、事業地の約47,000平米を対象に発掘調査が行われてきました。調査の結果、正殿・八脚門などを備えて東を向く政庁や、区画溝で囲まれた正倉院などが確認され、古代伊勢国朝明郡の郡衙の可能性が高いとして、平成18年7月28日に国史跡の指定がなされています。なお、この朝明郡は、『日本書紀』『続日本紀』などの歴史書にも登場し、672年の壬申の乱には大海人皇子、740年には聖武天皇が立ち寄ったとの記載もあり、日本の古代史を考える上でも非常に重要な遺跡です。
 また古代以前にも、弥生時代の竪穴住居や方形周溝墓を多数検出、弥生土器、石斧などの石製品、農耕具、容器、舟などの木製品が大量に出土し、弥生時代の集落跡としても注目されています。
 今回は、史跡整備事業に伴う発掘調査を行っています。
調査成果:
第11次調査 弥生時代中期〜後期の谷を確認(約2,000年前)
・遺跡のほぼ中央を東に向かって流れる谷を確認しました。以前の調査でも確認している谷ですが、今回の調査では幅12m、深さ4m、長さ20mを確認し、以前の調査を含めると、長さは80mにも及びます。
・谷の埋土中からは、弥生土器、木製品、石製品が多数出土しました。
・弥生土器は壺、甕、高杯などが多量に出土し、中にはミニチュア土器も見られます。
・木製品は鍬、鋤などの農耕具などが多数出土しました。特に、未製品が多く見られることから、この集落で木製品を製作していたと考えられます。
・石製品には、木の伐採や加工用の石斧が出土しました。一部に未製品も見られます。
・谷の規模、出土した遺物量からも、県内有数の集落跡と考えられます。
弥生時代後期の方形周溝墓群を確認(約1,800年前)
・盛土は後世の削平によって残存していませんが、周りに掘られた周溝を2基検出しました。 
・共に周溝は全周するのではなく、陸橋と呼ばれる土橋を確認しました。
・これまでの調査で6基確認しており、今回のも含めると、計8基となります。
・第12次調査 奈良時代の長大な建物の建て替えを確認(約1,300年前)
・東西約29m・南北約7mの長大な14間×3間の掘立柱建物について、建て替えが1回行われていることを確認しました。また、この14間×3間の建物とほぼ同じ場所に東西約18m・南北約6mの8間×3間の掘立柱建物が建てられており、この8間×3間の建物も建て替えが1回行われていることを確認しました。
問い合わせ先: 
12月19日(金)まで・・・四日市市教育委員会社会教育課文化財係(059-354-8240)
・ 12月21日(日)(当日)・・久留倍遺跡発掘現場詰所(059-366-0489)10時〜

Attd5682

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 資料検討会「矢作川中流域の弥生中〜終末期−栃原遺跡・堂外戸遺跡・高橋遺跡を中心に−」
 豊田市遺跡調査会は、ここ数年で堂外戸遺跡(H16〜19)、高橋遺跡(H19 )、栃原遺跡(H19)と、弥生中期〜終末期の集落・墓域について多くの成果を挙げてきました。特に栃原遺跡の周溝内埋葬を有する小規模な方形周溝墓群は、皆様の記憶に新しい話題だと思います。これらの調査報告書がH20年度末・H21年度末に集中して刊行されるにあたり、是非皆様と出土資料を検討し、ご意見を頂戴しつつ、矢作川中流域の弥生社会について考える会を設けたいと考えております。下記内容で開催したいと考えておりますので、是非ご参会
下さい。
日 時:平成21年1月25日(日)13:00〜17:00
場 所:豊田市東保見町 保見文化財倉庫
内 容:13:00   開催にあたって
    13:10〜  堂外戸遺跡の調査 飯塚邦男(豊田市遺跡調査会)
    13:30〜  高橋遺跡の調査 杉浦裕幸(豊田市教育委員会)
    13:50〜  栃原遺跡の調査 田中俊輔(豊田市遺跡調査会)
    14:20〜  資料見学
    15:40〜  意見交換会
    17:00   終会 ※終了後、名鉄豊田市駅周辺で懇親会の予定

交 通:愛知環状線 保見駅より徒歩15分
申し込み:必要ありません
連絡先:豊田市遺跡調査会 担当 高橋 TEL0565−32−6561(豊田市郷土資料館内)
      E-MAIL kentaro813@hotmail.com

Photo_2

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX257 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX259 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX258:

« 考古学フォーラム情報BOX257 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX259 »