« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

考古学フォーラム情報BOX252

::: 2008.10.29:::

★ 発掘調査========
● 岐阜県教育文化財団文化財保護センター:
荒尾南遺跡発掘調査 現地説明会
日 時:平成20年11月15日(土)
    午後1時30分〜午後3時30分 <小雨決行>
場 所:荒尾南遺跡 発掘調査現場(大垣市荒尾町内)
調査成果:
・河川跡の岸辺で、弥生時代後期から古墳時代前期にかけての多量の土器を発見。
・土器の中には特殊な文様(弧帯文)が線刻された土器やミニチュア土器、パレススタイル土器など祭祀関連の土器が含まれていることが判明。
・古墳時代前期頃の墳丘墓を発見。
・弥生時代中期の方形周溝墓や弥生時代後期から古墳時代前期の集落跡を発見。

連絡先:三田洞事務所調査部              TEL 058−237−8553
    荒尾南遺跡発掘調査現場事務所 (担当:成瀬・河瀬)
                           TEL 0584−92−0680
http://www.g-kyoubun.or.jp/maibun/

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河部会 11月定例会
 今回は安城市歴史博物館にて開催中の企画展「西三河の古墳」を特別公開していただきます。
 今回の展示会では、三河の主な古墳出土品が一堂に集められています。豊田市百々古墳出土の三角縁神獣鏡(大阪歴史博物館蔵)や幡豆町後田遺跡出土の海獣葡萄鏡など(宮内庁)も実物を見ることができます。また、図録も多数の写真や図面が掲載されており、解説も充実した意欲作となっていますのであわせてご覧いただければと思います。
日 時:11月6日(木) 午後7時〜
   (当初の予定は20日(木)でしたが変更しました)
場 所:安城市歴史博物館 
   (入館はいつものとおり埋蔵文化財センター通用口よりお入りください)
内 容:「三河の古墳展」見学 
    案内 西島庸介 氏 (安城市歴史博物館)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●第13回名古屋東アジア史研究会
日 時:2008年11月14日(金)18時30分より
場 所:南山大学第一研究棟4階 エレベーターホール右奥の会議室
発表者:竹内宏一氏(古代遊学会)
内 容:渡来人と渡来文化について-出雲・丹波からみる」
問い合わせ先:
 名古屋市天白区御前場町351
  名古屋市立しまだ小学校 木村光一 052-802-2821

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 第1回四日市久留倍遺跡まつり
★特別企画「天武天皇壬申の乱ウォーク」
と き:2008年11月1日(土)8:30〜11:30 
    小雨決行(雨天時大矢知興譲小学校で講演会)
ところ:大矢知久留倍の道 三岐鉄道大矢知駅8:30集合 8:30〜オープニングセレモニー
・特別ゲスト 俳優古代史研究家 苅谷俊介氏
・講師 古代史研究家紀行作家 玉城妙子氏  三重大学人文学部教授 山中章氏
・コ一ス 三岐鉄道大矢知駅—陣屋まち—大矢知そうめんの里(出来山・礫井・古家・青木谷・東谷)—天武天皇迹太川御遥拝所跡(斎宮)—久留倍官衙遺跡頓宮跡—長倉神社・解散(約3km)
「親子連れの方」ご参加大歓迎 「車いすの方」ご参加大歓迎
 駐輪場三岐線大矢知駅前 駐車場あおい幼稚園様前
★特別企画「聖武天皇東国行幸都市交流サミット」
と き:2008年11月1日(土)13:00〜16:30
ところ:あさけプラザ大ホール (四日市市下之宮町 近鉄富田駅西約1km)
入場無料 ただし資料代500円(ご希望の方)
・パネラー
大和国平城宮  奈良国立文化財研究所 馬場基氏
伊勢国河口頓宮 津市教育委員会    熊崎司氏
伊勢国朝明頓宮 四日市市教育委員会  服部芳人氏
美濃国不破頓宮 養老町教育委員会   中島和哉氏
近江国禾津頓宮 大津市教育委員会   吉水眞彦氏
山城国恭仁宮  木津川市教育委員会  中島正氏
・ゲスト
俳優古代史研究家    苅谷俊介氏
古代史研究家紀行作家  玉城妙子氏
・コーディネーター
三重大学人文学部教授  山中章氏
三重大学人文学部准教授 山田雄司氏
主 催:久留倍官衙遺跡を考える会 三重大学人文学部考古学研究室 三重大学人文学部伊勢湾・熊野地域研究センター

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

考古学フォーラム情報BOX251

::: 2008.10.22:::

★ 発掘調査========
● 飛騨市教育委員会:島遺跡・塩屋金清神社遺跡現地説明会
日 時:平成20年10月26日(日)
    午後1時30分〜午後3時(雨天決行)
場 所:島遺跡・塩屋金清神社遺跡発掘調査現場(宮川町塩屋地内)
内 容:発掘調査現場の公開、担当者による説明
    飛騨みやがわ考古民俗館にて、出土遺物の公開(無料開放)
調査成果:
・縄文時代中期の集落を発見
・北陸系の埋設土器を確認
・大型石棒を確認
問合先:飛騨市教育委員会事務局文化課(0578-82-0440)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 岐阜県教育文化財団文化財保護センター:
岩田西遺跡・中屋敷遺跡発掘調査 現地説明会
日 時:平成20年11月1日(土)
    午後1時30分〜午後3時30分 <小雨決行>
場 所:岩田西遺跡・中屋敷遺跡 発掘調査現場(岐阜市岩田西内)
調査成果:
・中世後期の村落景観を知ることができる集落や水田区画を発見
・室町時代の鏡が出土
・古墳時代後期の古墳2基を発見
連絡先:三田洞事務所調査部   TEL 058−237−8553
    岩田西遺跡・中屋敷遺跡発掘調査現場事務所 (担当:小野木・北村)
                TEL 058−242−3703
http://www.g-kyoubun.or.jp/maibun/

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 岐阜県博物館
財団法人岐阜県教育文化財団文化財保護センター発掘速報展「発掘された飛騨・美濃の歴史」
 近年、県内で発掘調査を行った遺跡を中心に、その成果を紹介します。古代の鉄鍛冶工房が見つかった高山市野内遺跡や縄文時代の祭りの様子がうかがわれる郡上市有坂薬師堂遺跡などから、ふるさとの歴史の謎を解いていきましょう。
期 間:平成20年11月18日(火)から平成21年1月12日(月・祝)まで
★ 速報展講演会「古代美濃の国と税制」
講 師:西宮秀紀 氏(愛知教育大学教授)
日 時:11月29日 (土) 午後1時30分〜午後3時
場 所:岐阜県博物館 ハイビジョンホール
対象・定員:一般130名
申し込み:
1.「ぎふポータル」にある申込フォーム または
2.電話(0575-28-3111)でお申込みください。
3.「ぎふポータル」の申込フォームに「締め切り」と表示されていても、電話受付枠が空いている場合がありますので、電話でお問い合わせください。
4.定員になり次第締切
電話・ネット申込の受付は10月29日(水曜日)午前8時30分から開始します。
http://www.museum.pref.gifu.jp/index.php

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 松阪市文化財センターはにわ館
特別展「祈り・呪・まじない〜古代・中世の祈りの情景〜」
会 期 : 平成20年10月12日(日)〜12月7日(日)
★音楽会と講演会を開催します(無料・事前申込不要)
日 時:11月29日(土) 午後1時〜4時
・第1部 午後1時〜
  音楽会 「二胡と古箏の演奏会」
   演 奏:梁天任さん・蔡朱蕾さん
・第2部 午後2時30分〜
  講演会 「古代中世の祈りの情景」
   講 師:水野正好さん(奈良大学名誉教授)
会 場:文化財センター 第3ギャラリー
http://www.city.matsusaka.mie.jp/bunka/shisetsu/haniwakan/kaikan.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 瀬戸蔵ミュージアム
企画展「瀬戸の絵皿」
江戸後期から明治期にかけて瀬戸でつくられた石皿、馬の目皿、行燈皿、絵高麗など約50点を展示します。江戸の庶民文化を反映した絵柄をお楽しみください。
期 間:10月18日(土)〜1月12日(月・祝)
http://www.city.seto.aichi.jp/sosiki/setogura/005701.html

Isisara1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 朝日弥生の会(秋の会)
 朝日弥生の会では現在開催中の愛知県埋蔵文化財センター埋蔵文化財展・稲沢市制50周年記念事業埋蔵文化財展「A.D.775 巨大台風 尾張国府・国分寺を襲うー瓦が語る尾張の国プロジェクト 尾張国中島郡の古代災害史をひも解くー」の見学会を下記の通り行いますので、宜しくお願い申し上げます。
日 時:平成20年10月25日(土)午前10時より(適宜解散)
会 場:稲沢市荻須記念美術館(入場は無料です)のロビーから展示室
連絡先:蔭山(愛知県埋蔵文化財センター)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

考古学フォーラム情報BOX250

::: 2008.10.16:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 犬山歴史研究会 招聘講師講演会
「犬山市入鹿盆地の考古学」 
講 師:飯尾 恭之(歴史民俗学研究会理事・名古屋考古学会設立同人・鉄道樹脂研究所長)
日 時:平成20年10月26日 午後1時30分〜  
場 所:犬山市福祉会館
当日、会場にて以下のレジメ冊子を配布します。
目 次: 
1.犬山市・入鹿盆地の考古学的概要 P・1
2.入鹿盆地への最初の訪問者たち P・2
3.縄文時代の人たちの活動と生活展開 P・3
4.弥生時代のフロンテアたち・そして定着者たち P・4
5.古墳時代の小村成立と村長(むらおさ)たち P・5
6.入鹿屯倉(みやけ)の考古学的検討 P・6
7.漂泊遊動民・サンカの人々の生活 P・6
8.入鹿盆地の今後の研究課題 P・7

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 安城市歴史博物館
「三河の古墳-安城の古墳時代を探る-」
期 間:平成20年10月18日(土)〜11月24日(月)
10月18日(土) 企画展記念講演会 14:00
「古墳時代と前方後方墳」
講師:大塚初重氏(明治大学名誉教授)
11月1日(土) 歴博講座 14:00
「西三河の古墳を考える」
講師:西島庸介(本館学芸員)
http://www.katch.ne.jp/~anjomuse/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●豊橋市:第14回文化財保護講演会
「馬越長火塚古墳と欽明朝」
講 師:土生田純之(専修大学教授)
日 時:平成20年11月3日(月・祝) 午後2時〜
場 所:豊橋駅前文化ホール(開発ビル10階)
定 員:200人(先着順)
問い合わせ先:豊橋市美術博物館 電話 0532−51−2879

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 文化財シンポジウム「伊場木簡から古代史を探る」
日 時:10月26日(日)10:20〜15:40
内 容:
午前の部
・「伊場遺跡群と最新情報と古代敷智郡の地名」
  鈴木敏則(浜松市) 
・「奈良に都があった頃の遠江と地方の役所」
  山中敏史(奈良文化財研究所)
午後の部
・「都のまつり・地方のまつり」
  笹生衛(千葉県教育庁文化財課)
・「伊場木簡から日本古代史が見えた」
  渡辺晃宏(奈良文化財研究所)
・討論
会 場:浜松科学館ホール
(静岡県浜松市中区北寺島町256-3)
交 通:JR東海道本線「浜松駅」から徒歩7分
参加費:無料・申込み不要 先着250名
問い合わせ:浜松市生涯学習課文化財担当
     (電話:053-457-2466)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●浜松市博物館
特別陳列「伊場木簡から古代史を探る」
期 間:10月18日〜11月3日まで開催
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/square/intro/bunkazai/news/news_mokkan.htm

Mokkan02_3
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

考古学フォーラム情報BOX249

::: 2008.10.11:::

★ 発掘調査========
● 名古屋市教育委員会:志段味大塚古墳・国史跡白鳥塚古墳発掘調査現地説明会
日 時:平成220年10月13日(月・祝)
 国史跡白鳥塚古墳:午前10時〜午後0時30分の間、ご自由にご来場ください。随時説明します。
 志段味大塚古墳:午後1時〜(1時間程度)
場 所:
 国史跡白鳥塚古墳:守山区大字上志段味字東谷
  ※ゆとりーとライン「東谷橋」で下車し、「東谷橋」の信号を南へ徒歩5分。
 志段味大塚古墳:守山区大字上志段味字大塚 大久手池北東
  ※ゆとりーとライン「東谷橋」で下車し、「所下」の信号を南へ徒歩5分。
参加方法:当日上記の時間に現地へ直接お越し下さい。事前申し込み不要。参加無料。なお駐車場はありませんので。ご参加は公共交通機関をご利用下さい。
アンケート:現地説明会終了後、志段味大塚古墳の今後の整備について、アンケート形式で意見募集をおこないます。
雨天の場合:中止します。
問い合わせ先:
国史跡白鳥塚古墳発掘調査現場事務所 080−2612−8691
志段味大塚古墳発掘調査現場事務所 080−2612-7361
地図:http://a-forum.air-nifty.com/blog/

Photo_2

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
●愛知県埋蔵文化財センター埋蔵文化財展・稲沢市制50周年記念事業埋蔵文化財展
「A.D.775 巨大台風 尾張国府・国分寺を襲うー瓦が語る尾張の国プロジェクト 尾張国中島郡の古代災害史をひも解くー」
会 期:平成20年10月18日(土)から平成20年11月16日(日)
会 場:稲沢市荻須記念美術館 入場無料
※開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
※休館日 10月20日(月)・10月27日(月)・11月4日(火)・11月5日(水)
※常設展観覧料は有料
 濃尾平野に住まう人たちは、これまでたくさんの災害に襲われてきました。今回の展示では、災害と戦った人々の思いや生活を、尾張国府・国分寺を中心とした稲沢市域の遺跡から学んでみたいと思います。
展示概要:
第 I 部 瓦が語る尾張国プロジェクト 尾張国中島郡の古代災害史をひも解く
一色青海遺跡、野口北出遺跡、堀之内花ノ木遺跡、尾張国分寺跡、長野北浦遺跡、塔の越遺跡(稲沢市)ほか
第II部 埋蔵文化財新出土品展_平成19年度に愛知県埋蔵文化財センターが発掘調査を行った遺跡を中心に、調査成果を紹介します。
御山寺遺跡(岩倉市)、朝日遺跡(清須市ほか)、 桑下城跡(瀬戸市)、町屋遺跡(一宮市)ほか
関連事業
★埋蔵文化財講演会 ※埋蔵文化財展の会場とは異なります。
演 題:「風水害と古代社会」
講 師:早川万年(岐阜大学教授)
日 時:平成20年11月2日(日)午後2時〜4時
会 場:稲沢市総合文化センターホール(稲沢市国府宮三丁目1番1ー101号)
※名鉄「国府宮駅」より徒歩5分。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※参加申し込み不要
★埋文ワークショップ
会 場:稲沢市荻須記念美術館 一般展示室II
日 時:平成20年10月19日(日)・平成20年11月9日(日)
    両日とも午前11時から約40分    
※参加者にはワークショップ限定、オリジナル土器ペーパクラフトをプレゼント    
※参加申し込み不要
お問い合わせ先:愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
498-0017 愛知県弥富市前ケ須町野方802-24  
TEL0567-67-4163  FAX0567-67-3054

2008tenji

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

考古学フォーラム情報BOX248

::: 2008.10.8:::

★ 発掘調査========
●岐阜市教育委員会:信長居館発掘調査現地説明会
 これまで調査を行っていたA、B、C地区について現地での説明会を行います。多数のご参加をお待ちしています。
日 時:10月11日(土)13:00〜15:00
場 所:C地区 明治大帝像前
少雨決行 中止の場合は当日朝9時までにブログでお知らせをします。
http://www.nobunaga-kyokan.jp/blog/archives/2008/10/1011.html

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河部会 10月定例会
日 時:10月23日(木) 午後7時〜
場 所:安城市埋蔵文化財センター
内 容:「矢作川流域のナイフ形石器について」 
     神取龍生 氏 (幸田町役場)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 発掘調査報告会「静岡の原像をさぐる」
日 時:10月11日(土)10:30〜16:00
内 容:
★講 演
・「静岡における古墳時代の交流」滝沢誠(静岡大学教授)
★報 告
・二本ヶ谷積石塚群の調査(浜松市)
・上ノ段遺跡の調査(沼津市)
・駿府城跡の調査(静岡市)
・堂ヶ谷遺跡の調査(牧之原市)
・江戸城石丁場群の調査(伊東市)
会 場:静岡県立美術館講堂
(静岡県静岡市駿河区谷田53-2  電話:054-263-5755)
問い合わせ: 静岡県教委・文化課文化財保護班
     (電話:054-221-3156)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 神坂峠発掘四十周年記念企画「神坂峠の石製模造品とその時代展」
 今年は、神坂峠が発掘されてから四十年目にあたります。
 阿智村教育委員会所蔵の県宝神坂峠出土石製模造品を中心に、峠麓の石製模造品や
飯田市の新井原4号土壙出土馬具・月の木1号墳短甲(11月中まで展示)の展示から、
古墳時代中期の伊那谷・神坂峠を考えます。
期  間:平成20年9月13日(土)から12月26日(金)まで
会  場:阿智村東山道・園原ビジターセンター「はゝき木館」
開館時間:午前9時半〜午後4時半
入 館 料:一般200円、小人100円
休 館 日:火曜(祝日の場合、翌日休館)・11月26日(展示替えのため)
問合わせ:阿智村東山道・園原ビジターセンター「はゝき木館」
       TEL・FAX 0265-44-2011
★ 展示講演会
時 間:14:00〜15:30
場 所:はゝき木館レクチャーコーナー   
参加費:200円 (企画展の観覧料として)
・10月11日(土)
「理化学分析から見た石製模造品の石材」松本建速先生(東海大学准教授)
・10月26日(日)
「神坂峠を越えた馬達−伊那谷古墳研究の現場最前線−」澁谷恵美子先生(飯田市教育委員会)
・11月22日(土)
「長野県の石製模造品の再検討−石製模造品祭祀の復元に向けて−」桜井秀雄先生(長野県埋蔵文化センター調査研究員)
・11月29日(土)
「考古学から見た神坂峠の歴史」市澤英利先生(阿智第三小学校長) 
詳細は下記ホームページを御覧下さい。
http://www.vill.achi.nagano.jp/visitor/index.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »