« 考古学フォーラム情報BOX207 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX209 »

2007年10月 9日 (火)

考古学フォーラム情報BOX208

::: 2007.10.9:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 西三河部会 10月定例会
日 時:10月18日(木) 午後7時から
場 所:安城市埋蔵文化財センター
内 容: 
 「近世美濃焼研究最前線 —窯ヶ根窯跡の発掘調査—」
   高橋健太郎氏(豊田市郷土資料館)
 昨年度まで土岐市埋蔵文化財センターで主に美濃焼の窯跡の発掘調査を担当されていた高橋さんに、最近の発掘調査成果を含め近世美濃焼初心者にも分かりやすく解説していただきます。
 平成18年度の発掘調査について2「八橋古城跡」
  中世戦国期の城館で堀、掘立柱建物、井戸などを検出
 近藤真規(知立市教育委員会)
  ※ 近藤氏は先月の発表の予定でしたが都合により変更させていただきました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 浜松市博物館
★特別展『中世浜松の信仰』開催中です。
期 間:2007年10月28日(日)まで
 浜松市内の各所に、中世以来伝えられた祭りと信仰を、浜松市の指定文化財と市内外の文化財により紹介します。
・中世の鰐口20点と、懸仏8点、神像4点、民俗芸能 の面と頭80点など、総数150点
★特別展関連講座『中世浜松の信仰』
日 時:2007年10月21日(日)午後1時30分開 場、2時開講
講 師:足立順司先生 静岡県埋蔵文化財調査研究所
 通常の観覧料が必要です。受講料は無料。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/hamahaku/
E-mail hamahaku@city.hamamatsu.shizuoka.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 本巣市教育委員会
「船来山古墳群赤彩古墳の館特別開館・企画展」
日 時:11月3日(土)、4日(日)9:00〜16:00
場 所:古墳と柿の館(本巣市上保1-1-1、道の駅いとぬき東へ徒歩1分)
内 容:船来山272号墳の石室を特別公開します。また館内にて企画展「宗慶大塚古墳をめぐる」を開催します。昭和63年度に範囲確認調査が行われた宗慶大塚古墳。当時の出土品を展示するほか、平成18年度に周辺で市教委が行った工事立会時の出土品の一部を展示します。
料 金:大人300円、小人100円(11月3日のみ文化の日協賛事業のため無料)
   (道の駅北の柿センターにて料金の受付)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 南山大学オープン・リサーチ・センター事業 シンポジウム
★縄文部会シンポジウム(第1回)
 「山内清男縄文晩期研究と東海地方」と題し、東海地方の著名貝塚である吉胡貝塚・伊川津貝塚の層位的調査は、山内清男晩期研究に照らしてどのような意義ないし評価が与えられるべきものなのか、東海地方の土器群理解のためにはあらたな視点を必要とするのかなどを、基調報告と発表と総合討論を通じて論じます。
日 時:2007年11月10日(土) 11:00〜17:00 
会 場:南山大学名古屋キャンパス B棟 B22教室
内 容:
主旨説明:黒沢 浩氏(南山大学)
基調報告:
 「亀ヶ岡式精製土器移入・模倣論の構想」 大塚達朗氏(南山大学)
発 表:
 「縄文晩期の精製・粗製土器組成(愛知県を例に)」 増子康真氏(日本考古学協会員)
 「東海地方出土浮線文土器資料と研究史的意義」 中沢道彦氏(早稲田大学先史考古学研究所研究員)
 「櫛描文研究から見る後期末・晩期初頭」 松本泰典氏(小牧市埋蔵文化財発掘調査員)
 「施文と調整から見た土器の検討」  川添和暁氏(愛知県埋蔵文化財センター)
コメント:百瀬長秀氏(日本考古学協会員)、小林圭一氏(山形県埋蔵文化財センター)、
      岡田憲一氏(奈良県立橿原考古学研究所)
総合討論:司会 長田友也氏(南山大学非常勤講師)

★ 縄文部会シンポジウム(第2回)
 「東海地方晩期前半突帯紋土器出現以前の地域性の多角的分析」と題し、第1回目の学史的の整理ないし再検討や層位的データの見直しや土器資料の見直しなどの提言を踏まえながら、東海地方における晩期前半突帯紋土器出現以前の地域性を、基調報告と発表と総合討論を通じて、土器型式の問題から、生業の問題から、墓制の問題からなど多角的に論じます。
日 時:2007年12月8日(土) 11:00〜17:00 
会 場:南山大学名古屋キャンパス B棟 B22教室
内 容:
趣旨説明:大塚達朗氏(南山大学)
基調報告:
 「愛知県晩期前半有文土器諸系統の無文化指向とその意義」  増子康真氏(日本考古学協会員)
発 表:
 「東海地方出土中部高地系晩期前半土器の検討」 中沢道彦氏(早稲田大学先史考古学研究所研究員)
 「漁撈活動からみた東海地方晩期前半の地域的特色」  岩瀬彰利氏(豊橋市美術博物館)
 「狩猟・植物利用などへの生業史観的研究の実践」  川添和暁氏(愛知県埋蔵文化財センター)
 「愛知県域を中心とした縄文晩期前半突帯文土器出現以前の墓制」 佐野元氏(瀬戸市役所)
コメント:百瀬長秀氏(日本考古学協会員)、小林圭一氏(山形県埋蔵文化財センター)
総合討論:司会 長田友也氏(南山大学非常勤講師)
お申込み・お問合せ先:
南山大学人類学博物館
〒466-8673 名古屋市昭和区山里町18 052-832-3111
(代表) ※月曜日〜土曜日 10:00〜16:30

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX207 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX209 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX208:

« 考古学フォーラム情報BOX207 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX209 »