« 考古学フォーラム情報BOX209 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX211 »

2007年10月17日 (水)

考古学フォーラム情報BOX210

::: 2007.10.17:::

★ 発掘調査========
● 豊橋市教育委員会「東側遺跡現地説明会」
 豊橋市教育委員会では、豊橋市牛川町字東側所在の東側遺跡において、現地説明会を開催します。
 調査面積は約3200平米。古墳時代終末期(7世紀後半)の竪穴住居址16棟が検出されています。竪穴住居はいずれも北カマドで壁溝を持ち、壁溝内部には杭列が並んでいます。
日 時:平成19年10月21日(日) 午前10時からと午後2時から
場 所:豊橋市牛川町字東側 東側遺跡発掘調査現場
問合せ 0532−54−7470(牛川西部発掘事務所)

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 財団法人岐阜県教育文化財団 文化財保護センター
平成19年度発掘速報展「発掘された飛騨・美濃の歴史」
 平成17年度と18年度に当センターが発掘調査を実施した遺跡のうち、代表的な4遺跡を紹介します。今回は、岐阜市と飛騨市の2施設を会場とする移動展として行います。野内遺跡(高山市)で出土した平安時代の墨書土器など、約60点の遺物を展示します。
会場・期間:
・岐阜会場
 県民ふれあい会館 第2棟2階 展示ホール2(岐阜市薮田南5−14−53)
平成19年10月18日(木)〜10月30日(火)
 開館時間/9:00〜16:30
・飛騨会場
飛騨の山樵館 研修室(飛騨市古川町若宮2−1−58)
平成19年11月8日(木)〜11月25日(日)※月曜日は休館
開館時間/9:00〜17:00
観覧料:無料
http://www.maibun.gifu-net.jp

Photo
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 土岐市美濃陶磁歴史館 
企画展『茶碗』
 本展では桃山を中心に室町から江戸時代にかけて美濃窯で生産された茶碗の美と変遷を紹介します。
会 場:土岐市美濃陶磁歴史館 第2展示室(第1展示室では美濃桃山陶を展示しております)
開催期間:平成19年10月4日(木)から12月9日(日)
★ 講演会 11月3日(土)午後1時30分から
演 題:「旅する茶碗・集う茶碗」 降矢哲男氏(茶道資料館 学芸員)

Mino
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 国史跡白鳥塚古墳・志段味大塚古墳をめぐる歴史風景
日 時:平成19年11月17日(土) 13:00〜16:30
場 所:名古屋市博物館 講堂
参加費:無料
内 容:
13:00〜 「志段味古墳群と近年の調査成果」藤井康隆(名古屋市教育委員会学芸員)
13:30〜 「志段味大塚古墳と5世紀後半の倭王権」高橋克壽(花園大学文学部准教授)
14:25〜 「太古の環境を地層にみる」吉田英一(名古屋大学博物館准教授)
15:10〜 「景観創造にむけた古墳の調査と整備」中井正幸(大垣市教育委員会課長補佐)
15:40〜16:30 座談会
・申し込み方法
 参加を希望される方は、参加者全員の住所・氏名・年齢を記入のうえ、往復ハガキで10月31日(水)までにお申し込みください。
 460−8508(住所記載不要)名古屋市教育委員会文化財保護室
・問い合わせ先:名古屋市教育委員会文化財保護室052−972−3268
★ミニ企画展「知られざる志段味古墳群の実像」
日 時:平成1911月17日(土)・18日(日)
会 場:名古屋市博物館 特別展示室
入 場:無料

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●史跡東之宮古墳シンポジウム
・と き:11月23日(金・祝)午後1時〜4時  ※正午開場
・と こ ろ:犬山国際観光センター「フロイデ」4階ホール ※名鉄犬山駅下車、東口から徒歩3分
・定  員:300人(当日先着順、事前申込み不要)
・入 場 料:無 料
・内  容:
 1 平成19年度調査成果報告(30分間)
  「東之宮古墳範囲確認調査の総括」 渡邉 樹・犬山市教育委員会埋蔵文化財学芸員
 2 パネルディスカッション(65分間)
  「東之宮古墳の魅力」
   パネリスト 森下章司・大手前大学准教授、中野金弘・犬山市立池野小学校教諭
   コーディネーター 赤塚次郎・愛知県埋蔵文化財センター課長補佐
 3 シンポ古代劇(40分間)
  「東之宮幻想」
※あらすじ
 木曽の流れを神として崇め、ここに住まう人々は宿命として度重なる洪水と伴に暮らしていた。そして、この地は西と東の国々を結ぶ古くからの陸路が通じ、この地の「ウの渡し」で木曽の流れを渡らねばならない。川と陸の道が交差するこの交通の要には、この地の神々を祭る「ウの館」が存在した!そして、そこに新たな部族の王が誕生する
・問合せ先 犬山市生涯学習課0568−61−1800(代表)

Photo_2
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

|

« 考古学フォーラム情報BOX209 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX211 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX210:

« 考古学フォーラム情報BOX209 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX211 »