« 考古学フォーラム情報BOX200 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX202 »

2007年7月10日 (火)

考古学フォーラム情報BOX201

::: 2007.7.10:::

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会(東三河部会)平成19年度7月定例会
日 時:平成19年7月12日(木) 19:30〜 
場 所:豊川市埋蔵文化財事務所
内 容:
報告 19:30〜20:10 
「平成18年度豊川市の発掘調査報告」
  林 弘之(豊川市)
研究発表 20:10〜20:50
「奈良盆地東南部の古墳群の立地と構造について」
  高橋和成(豊橋市教育委員会)
 ※三河地域にも触れた内容の発表です。
連絡事項 21:10〜21:30
・各種事務連絡、報告、案内など

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●愛知県陶磁資料館
★ 企画展「 うつわ 百花繚乱−尾張の食器文化−」
期 間:6月16日(土)〜9月30日(日)
 江戸時代は年中行事や冠婚葬祭での食事習慣が充実し、料理屋で供される会席料理が発展するなど、和食が完成した時代といわれています。食膳はさまざまな種類の器で彩られ、食器は次第に木漆器から陶磁器中心へと移り変わっていきます。この展覧会ではこうした時代背景の中ではぐくまれた華やかで創意あふれる尾張の食器文化を紹介します。
場 所:本館 第1・2展示室
観覧料:一般 500円(400円)  高校生・大学生400円(320円) 中学生以下 無料( )は20名以上の団体料金 とリニモ駅チラシでの割引
★ 記念講演会 「和食と江戸の料理文化」
日 時:7月22日(日) 午後1時30分〜午後3時  
場 所:本館 講堂
講師:原田 信男 氏(国士舘大学教授)   ※事前申込不要・聴講無料
 江戸時代に完成したといわれる和食の歴史や料理文化に関する講演会を開催します。この機会に和食を見直してみませんか。HPでは 関連行事もご案内いたします。
http://www.pref.aichi.jp/touji/

|

« 考古学フォーラム情報BOX200 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX202 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX201:

« 考古学フォーラム情報BOX200 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX202 »