« 考古学フォーラム情報BOX177 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX179 »

2006年11月23日 (木)

考古学フォーラム情報BOX178

::: 2006.11.23 :::

★ 発掘調査========
● 安城市:本證寺鼓楼解体修理現地説明会の開催について
 安城市野寺町にある本證寺では、現在市指定文化財である鼓楼の解体修理を実施しています。現在上層部分の解体が進められています。
 これまでの解体作業の過程で鼓楼は宝永7(1710)年に建てられた可能性が高いこと、宝暦10(1760)年に屋根の葺き替えを行っていること、安政4(1857)年に1階部分の大規模な改修が行われ、規模も大きくされている可能性があること、昭和20(1945)年に破風を両方とも作り直すなど、三河地震による損傷の修復が行われていること等がわかってきています。
 これらの成果を解体作業の現場をご覧いただきながら下記により一般公開いたします。この日しかご覧いただけませんので、この機会に是非ご見学ください。
日 時:平成18年11月25日(土) 午前10時からと午後2時からの2回(雨天決行)
会 場:本證寺境内(野寺町野寺26)
備 考:
・直接現地にご集合ください。
・作業の進捗状況によっては当日は解体後の部材を見ていただいて説明させていただくことになる可能性もありますのでご了承ください。
・駐車場はありませんのであんくるバス等公共交通機関をご利用ください。
あんくるバス 桜井線2番系統 野寺本證寺南 下車すぐ
・お問い合わせ先 〔文化財課文化財係 0566−77−4490(埋蔵文化財センター内)〕
http://www.city.anjo.aichi.jp/kakuka/bunkazai/maibun/event/event003.htm

Yane

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××
◆ 展示会・講演会・研究会========
● 第4回 三河の山林・山岳寺院検討会
 今回は新城市(旧鳳来町)教育委員会・岩山欣司さんのご案内で、霊峰・鳳来寺山を検討します。
日 時:平成18年12月17日(土) 12時30分から
集合場所: 
電車利用の方 11:00 豊橋駅西口エスカレーター下 
 ※岩原が車でお迎えに上がります
お車の方    12:30 鳳来寺山自然科学博物館(新城市門谷字森脇6)
 ※地図http://homepage3.nifty.com/hourai99/framepage.html
日 程:
11:00 電車の方、豊橋駅西口へ
12:30 鳳来寺山自然科学博物館にて事前検討
13:30 パークウェイを使用し山上駐車場へ
14:00 山上伽藍および奥の院へ
16:30 鳳来寺山自然科学博物館にて解散
18:30 ゲスト歓迎会(豊橋駅前の居酒屋にて、ささやかに)
寺院の概要:あまりに著名につき、各自で事前に学習してください。
当日ゲスト:
時枝務さん(立正大学助教授)
「中世の寺院」「山岳寺院」「修験道考古学」に造詣の深い方です。当日はご同行いただきます。
その他
・参加者は12:30までに昼食を終えておいてください。
・豊橋駅からの乗車を希望される方は、岩原あてメールをください。
・山上までは自動車を使用しますが、参道及び重文の山門を見学されたい方は、帰途に徒歩にて下山することができます。
・時枝さんの歓迎会は場所が未定です。「歓迎会のみ」参加を希望される方は、岩原までメール願います。また、昼夜とも参加を希望される方は、豊橋駅集合をおすすめします。
・はじめての方の参加を歓迎しますので、広く声をおかけください。本会のモットーは、「来るものは拒まず、去るものは追わず」です。
・第5回予定
日 時:平成19年1月13日(土)
検討場所:湖西市・大知波峠廃寺、豊橋市・石巻山
ご案内:後藤建一さん(湖西市教育委員会)
ゲスト:上原真人さん(京都大学大学院教授)
問い合わせ:豊橋市美術博物館 岩原 剛 gonao773@ybb.ne.jp

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 幸田町:
文化振興展「こうた焼き物1万年-焼き物にみる幸田の歴史-」
 現在、器などの焼き物は生活必需品として我々の生活になくてはならないものとなっています。それは昔も変わりなく、人々の需要を満たすために全国各地には大小さまざまな窯が築かれ、多くの焼き物が生産されていました。
 ここ幸田の地は焼き物作りに適していたようで、鎌倉時代には陶器の窯(幸田古窯跡群)が築かれ多くの焼き物が生産されるようになりました。また江戸時代には瓦生産が盛んになり、幾つかの瓦製作所が成立しています。
 今回の展示では、中世に隆盛を見せた「幸田古窯群」の生産品を中心に、原始から現代に至るまで、「こうた人」が作りそして使用した焼き物を紹介していきます。昔の「こうた人」たちがどのような焼き物を使用し生活していたのか、展示資料から探っていきたいと思います。
期 間:平成18年11月18日(土)〜平成19年1月21日(日)
会 場:幸田町郷土資料館(愛知県額田郡幸田町大字深溝字清水36−1)
問合せ 幸田町郷土資料館   電話 0564−62−6682
http://www.town.kota.aichi.jp/kyoudo/bunkasinkou.htm

|

« 考古学フォーラム情報BOX177 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX179 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古学フォーラム情報BOX178:

« 考古学フォーラム情報BOX177 | トップページ | 考古学フォーラム情報BOX179 »