2024年4月12日 (金)

考古学フォーラム情報BOX902

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 南山大学人類学博物館

2024年度 南山大学人類学博物館講座

「旅するヒト・移動するモノー考古学・人類学の視点からー 」

 

日 時:2024年5月11日(土)、5月25日(土)、6月8日(土)、6月22日(土)各回13:30〜15:30

会 場:南山大学R棟4階 R49教室(名古屋市昭和区山里町18)

内 容:

第1回「黒曜石を運ぶヒト -海を渡り川を行く-」(池谷信之氏(明治大学 黒耀石研究センター特任教授))

第2回「オーストロネシア語族の拡散と島嶼間ネットワーク  ー東南アジア島嶼部・オセアニアの事例から 」(小野林太郎氏(国立民族学博物館 学術資源研究開発センター教授))

第3回「オルドスの旧石器とサピエンスの旅」(上峯篤史氏(南山大学人文学部人類文化学科准教授))

第4回「古代地中海世界のモノと人のネットワーク」(竹尾美里氏(愛知大学・中京大学非常勤講師))

 

受講料:一般 4000円/学生2000円(4回セットです。学生の方は当日、学生だとわかる証明をご提示ください。)

申込方法:下記Webページより

申込期間:4月22日(月)23:59まで

備 考:終了後30分ほどギャラリートークを行います。

Nanzana

https://rci.nanzan-u.ac.jp/museum/news/event/003067.html

 

  • あいち朝日遺跡ミュージアム

「ヤジリの考古学」

 朝日遺跡からは1000点を超える石鏃(石のヤジリ)や弓が出土しています。今回の企画展では狩りや戦いに用いられてきた弓矢に着目し、矢の先端に付けられた「ヤジリ(鏃)」を取り上げます。本館及び愛知県埋蔵文化財調査センター(弥富市)が所蔵する縄文時代から戦国時代までの出土品から、主なヤジリ(鏃)に関する資料を展示し、その変遷、技術を紹介します。

 

会 期:令和6年4月27日(土)~6月23日(日)

会 場:あいち朝日遺跡ミュージアム 本館(企画展示室)(愛知県清須市朝日貝塚1

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)

観覧料:一般 300円、大学生・高校生 200円(団体割引有)

 

講演会等:

「石器に残る痕跡から人の行動を探る」

 石器の表面に残る線状のキズや摩耗など様々な痕跡からは、石器の製作・使用・廃棄などに関わる多様な情報を得ることができます。本講演では、石器の痕跡分析の方法と分析例を紹介します。

 

日 時:2024年5月12日(日)午後1時30分から午後3時まで

会 場:あいち朝日遺跡ミュージアム 本館(研修室)

講 師:御堂島正氏(大正大学名誉教授・特遇教授)

受講料:無料

定 員:50人(要事前申込み)

申込方法:ミュージアム窓口又は以下Webサイトの応募フォームより

申込期間:4月28日(日)まで

備 考:申込多数の場合は抽選とします。抽選の有無に関わらず、参加いただける方にはメール若しくは電話で5月3日(金・祝)までに連絡します。

 

講座ヒストリーカフェ「ヤジリからキリになった石器の話」

 石鏃(せきぞく)は、矢に取り付けられ、鋭い先端が対象に突き刺さる利器です。しかし、石鏃の中には、何らかの理由でキリ(錐)など別の用途に使われたものもあります。遺跡から出土した石鏃や石錐(せきすい)の先端を観察し、道具の役割について考えます。

 

日 時:2024年6月15日(土)午後1時30分から午後2時30分まで

会 場:あいち朝日遺跡ミュージアム本館(研修室)

講 師:原田幹(あいち朝日遺跡ミュージアム学芸員)

参加費:無料

定 員:25人(要事前申込み)

申込方法:ミュージアム窓口又は下記Webサイトの応募フォームより

申込期間: 6月2日(日)まで

備 考:申込多数の場合は抽選とします。抽選の有無に関わらず、参加いただける方にはメール若しくは電話で6月7日(金)までに連絡します。

Asahia  

https://aichi-asahi.jp/exhibition/2587/

 

  • 岐阜市歴史博物館

「ここまでわかった!岐阜の古墳」

 3世紀中頃から7世紀末頃にかけて、日本各地で多数の古墳が築かれました。岐阜県内においても、3世紀中~後半には前方後方墳が造られ始め、その後畿内のヤマト政権との結びつきを示す前方後円墳が築かれるようになり、古墳時代後期に入ると小規模な円墳の築造が増えるとともに、多くの群集墳が築かれるようになります。また、被葬者の埋葬方法や埋納された副葬品も、400年の間で大きく変容します。本展では、近年の発掘調査や研究の成果もふまえ、美濃の古墳を紹介します。

 

会 期:2024年3月30日(土)~5月26日(日)

会 場:岐阜市歴史博物館 1階(特別展示室)(岐阜市大宮町2丁目18-1(岐阜公園内))

休館日:毎週月曜日および5月7日(火)(ただし4月29日、5月6日は開館)

観覧料:高校生以上310円、小中学生150円(団体割引有)

 

講演会等:

「美濃の古墳群を読み解く」

講 師:中井正幸氏(岐阜聖徳学園大学特別研究員)

日 時:2024年4月20日(土曜日)13:30~15:00

定 員:170名

受講料:無料

申込方法:下記Webサイトの申込みフォームまたは電話より

申込期限:定員に達するまで

 

「坊の塚古墳の特徴-大型の前方後円墳と比較して-」

「岐阜市内の古墳-発掘調査成果を中心に-」

講 師:近藤美穂氏(各務原市埋蔵文化財調査センター)・井川祥子氏(岐阜市歴史博物館 学芸員)

日 時:2024年4月27日(土曜日)13:30~15:20

定 員:170名

受講料:無料

申込方法:下記Webサイトの申込みフォームまたは電話より

申込期限:定員に達するまで

 

「夕田墳墓群から考える美濃の弥生墳丘墓から出現期古墳の様相」

「横穴式石室からみた美濃の古墳時代」

日 時:2024年5月11日(土曜日)13:30~15:20

講 師:島田崇正氏(富加町教育委員会)・森島一貴氏(関市文化財保護センター)

定 員:170名

受講料:無料

申込方法:下記Webサイトの申込みフォームまたは電話より

申込期限:定員に達するまで

 

連絡先:058-265-0010(岐阜市歴史博物館)

Gifua

https://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/exhibition/event/ancient-tombs2024/

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

考古学フォーラム情報BOX901

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 愛知県埋蔵文化財調査センター

春の埋蔵文化財展「やとみ新発見展"2024 & 春の特別公開」

 弥富市にある「愛知県埋蔵文化財調査センター」にて、「考古楽市 やとみ新発見展"2024」と題して、令和5年度の愛知県埋蔵文化財センターの発掘調査成果について、展示解説を行います。また、愛知県埋蔵文化財調査センター所蔵資料の特別公開も同時に実施いたします。

 

会 期:令和6330日(土)〜412日(金)

会 場:愛知県埋蔵文化財調査センター2

休館日:46日(土)、47日(日)

観覧料:無料

備 考:展示は会期後も続きますが、目玉となる弥生時代後期〜古墳時代初頭の竪櫛は会期中のみ展示を行います。

2024yatomis

http://www.maibun.com/modules/news/article.php?storyid=907

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

考古学フォーラム情報BOX900

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • あいち朝日遺跡ミュージアム

「企画展 あいちの発掘調査2023」

 愛知県内では、毎年多くの遺跡で県や市町村等による発掘調査が行われており、貴重な発見が相次いでいます。今回の企画展では、県内各地で実施された最新の発掘調査による出土品や調査成果を紹介するとともに、学識経験者を招いた講演会や、展示で紹介する遺跡の調査担当者による報告会などを開催し、県内の考古学の最新情報を分かりやすくお伝えします。

会 期:令和6年1月20日(土)~3月10日(日)

会 場:あいち朝日遺跡ミュージアム 本館(企画展示室)(愛知県清須市朝日貝塚1

休館日:毎週月曜日(ただし212日(月・祝)は開館、2月13日(火)は閉館)

観覧料:一般 300円、大学生・高校生 200

 

講演会等:

「斜め上から見た↘パレス・スタイル土器」(清須市教育委員会共催事業)

 朝日遺跡出土品の中でもひときわ映える「パレス・スタイル土器」について、最新の研究成果や、天文学の観点からこれまでとは少し異なる見方を紹介することで、その魅力や不思議、奥深さに迫ります。

日 時:2024年2月25日(日)13時30分から16時30分まで(13時開場)

会 場:清洲市民センター1階ホール(清須市清洲弁天96番地1)

内 容:

 講演「パレス・スタイル壺に描かれた弥生時代の暦」北條芳隆氏(東海大学教授)

 報告1「朝日遺跡から見たパレス・スタイル土器」原田幹(あいち朝日遺跡ミュージアム学芸課長)

 報告2「現代陶芸から見たパレス・スタイル土器」岩渕寛氏(愛知県陶磁美術館主任陶芸指導員)

 トークセッション

参加費:無料

定 員:280人(事前申込み不要、当日先着順)

Aichi2023b

https://aichi-asahi.jp/exhibition/2265/

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年12月28日 (木)

考古学フォーラム情報BOX899

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 岐阜県文化財保護センター・岐阜県図書館

文化財保護センター・図書館連携企画展「中濃の遺跡Ⅱ 可茂に生きた人々のすまい」

 これまでに調査した、竪穴建物や掘立柱建物を主体とする可茂地区の集落遺跡について、実際の出土遺物を展示するとともに、パネルによる解説を行い、展示解説も実施します。

 

会 期:令和6年1月20日(土)~3月10日(日)

会 場:岐阜県図書館2階企画展示室Ⅱ(岐阜県岐阜市宇佐4-2-1

休館日:毎週月曜日および1月26日(金)、2月13日(火)、2月22日(木)

(ただし212日(月・祝)は開館)

観覧料:無料

備 考:令和6年2月3日(土曜日)、令和6年3月2日(土曜日)いずれも午後1時30分から午後2時に展示解説を実施

Gifbig  

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年12月20日 (水)

考古学フォーラム情報BOX898

 ◆考古学フォーラム定例会のお知らせ

  • 考古学フォーラム定例会2023(その2)「未指定文化財の保存と活用について考える」

日 時:2024217 日(土) 13:3016:30

会 場:名古屋会議室 大須アメ横会議室店 第1会議室(名古屋市中区大須 3-30-86 第一アメ横ビル4階)

参加費:500円(資料代)

内 容:

発表1「診断技術を活用した石造物における記録活動について」荒木徳人愛知県埋蔵文化財センター)

発表2「未指定文化財の科学的保存処理-価値を見いだし未来に伝える-」西山要一奈良大学 名誉教授)

質疑応答・フリートーク

 フリートークでは発表に関する質疑応答から未指定文化財の保存と活用に関する課題について参加者のみなさんと一緒に議論を深めていけたらと思います。

 

申込方法:申込みフォーム(https://x.gd/Ima5U)より

備 考:今回の定例会は、対面のみによる開催です。

問合せ先:考古学フォーラム 荒木徳人【 e-mailNQC10551@nifty.com 

 

2023trk02

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

考古学フォーラム情報BOX897

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 名古屋市

シンポジウム「名古屋城石垣をつくる・なおす」

 名古屋城調査研究センターでは、市民の皆さまに名古屋城の石垣に関する最新の調査成果を知っていただくことを目的として、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。

 

日 時:令和623日(土) 13:0016:30

会 場:KKRホテル名古屋 3階蘭の間(名古屋市中区三の丸11)

定 員:100名(事前申込制、多数の場合抽選)

参加費:無料

内 容:

13:00     開会挨拶・趣旨説明

13:20     基調講演「名古屋城石垣の石積技術とその変遷」(濱田晋一氏(名古屋工業大学大学院准教授))

14:50     事例紹介「名古屋城石垣の考古学による調査成果」(二橋慶太郎氏(名古屋城調査研究センター学芸員))

15:15     事例紹介「名古屋城石垣に関する総合的な調査成果」(服部英雄氏(名古屋城調査研究センター所長))

15:50     パネルディスカッション

16:30     閉会挨拶

 

申込み方法:名古屋市電子申請サービス(https://ttzk.graffer.jp/city-nagoya/smart-apply/apply-procedure-alias/ishigaki2023)より

申込締切:令和6年1月14日(日)

Isgka

Isgkb

https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/topics/2023/11/20231130_4297.html

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年11月22日 (水)

考古学フォーラム情報BOX896

▼ 発掘調査========

  • 西尾市

「掛梨遺跡の発掘調査説明会」

 西尾市教育委員会では、一色町佐久島に所在する掛梨遺跡の範囲・内容を確認するために確認調査を行っています。古墳時代後期の製塩土器が多量出土し、約100年にわたり製塩が行われていたことが確認されました。

 

日 時:令和5年11月25日(土) 10:3012:00

会 場:西尾市一色町佐久島掛梨地内(下記地図参照)

備 考:午前9時30分一色港発の佐久島行き渡船に乗船し、佐久島東港下船徒歩10分。天候不順等により開催が中止となる場合は、当日の8時までに西尾市岩瀬文庫ホームページ(https://iwasebunko.jp/news/entry-519.html)にてお知らせします。

 

Saku

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

考古学フォーラム情報BOX895

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 南山大学

「花押・印章ー内藤家文書を中心にー」2023年度 明治大学博物館・南山大学人類学博物館交流事業・明治大学×南山大学収蔵資料交換展)

 南山大学人類学博物館と明治大学博物館を会場に、収蔵資料交換展示を開催中です。

 

会 期:20231017()1125()

会 場:南山大学人類学博物館(名古屋市昭和区山里町18

入場料:無料

講演会等:

「ギャラリートーク 花押・印章ー内藤家文書を中心にー」

 明治大学の日比佳代子先生によるギャラリートークを開催します。

日 時:20231115()13:30から

参加無料、事前申込不要。

備 考:東京の明治大学博物館会場で「オセアニアの民族造形 故 今泉隆平氏のコレクションから」展開催中です。会期 1017()1125()

Nanzan

https://rci.nanzan-u.ac.jp/museum/news/kikaku/002824.html

 

  • 豊橋市

「第4回石巻古墳ウォーク!」

  国史跡馬越長火塚古墳群、県史跡権現山古墳群、市史跡宮西古墳を自由にめぐり、御墳印を集めます。コンプリート賞としてオリジナルトートバッグをプレゼント。そのほか、歴史遺産缶バッジづくり、「豊橋市住みます芸人ライブ」や「Singer久美&丸茂晴彦ライブ」を会場で開催。歴史遺産に親しみながら、初冬の豊かな農業景観をお楽しみください。

 

日 時:202312月2日(土) 10:0014:00受付 

会 場:豊橋市石巻本町字下黒田 県道81号線沿い

参加費:無料

備 考:申込不要。臨時駐車場あり、和田辻交差点から新城方面へ車で約3分。

    豊鉄バス「和田辻東」バス停から会場まで、無料シャトルバスあり。

    雨天の場合、翌3日(日)に順延、順延・中止の発表は豊橋市美術博物館HPにて告知。

問い合わせ先:豊橋市文化財センター(TEL0532-56-6060

 

  • 関西近世考古学研究会第33回大会

「近世墓地からわかること」

 当研究会では、1997年の大会テーマとして近世墓を取り上げ、西日本における各地の様相を整理・検討したが、その後の調査例も増加し、研究も深化してきている。今回の大会では、遺構レベルとしての「近世墓」に留まらず、遺跡レベルとしての「近世墓地」を主眼に置き、西日本を中心とした各地の近年の近世墓地の調査事例を再度整理した上で、考古学・形質人類学や葬送墓制史のそれぞれの観点から、「近世墓地から何がわかるのか」を学際的に探究していきたい。

 

日 時:2023122()13:0017:00123()9:3016:00

会 場:大手前大学さくら夙川キャンパス E104教室(E棟1階)(兵庫県西宮市御茶屋所町642

内 容:

122()

13:00 受付開始

13:30 開会挨拶 松尾信裕氏

13:35 共催挨拶 森下章司氏

13:45 講演「「生の近世日本史」から「死の近世日本史」を考える」木下光生氏

15:15 休憩

15:30 報告1「梅田墓(大深町遺跡OC19-1次)の発掘調査成果」大庭重信氏

16:10   報告2「寺町旧域の近世墓地」引原茂治氏

17:00   散会

 

123()

9:30   受付開始

10:00 報告3「近世・堺の寺墓と三昧場」嶋谷和彦氏

10:40 報告4「葬制からみた小倉城下町の近世墓地」佐藤浩司氏

11:20 昼食・休憩

12:20 講演「江戸時代人骨のライフヒストリーの復元生物考古学創生」長岡朋人氏

13:50 討論(司会 嶋谷和彦氏・原田将典氏)

15:50 閉会挨拶  松尾信裕氏

16:00 散会

 

【紙上報告】

「江戸の近世墓地」惟村忠志氏

「加賀藩主前田家墓所とその家臣団の近世墓地」庄田知充氏

「愛知県内の近世墓地の発掘調査例」佐藤公保氏

「東海市・長光寺遺跡における近世墓地(子墓)の様相」宮澤浩司氏

「桑名城下町の近世墓地‐法盛寺の調査事例を中心に‐」須藤 梢氏

「千提寺西遺跡他における近世墓地について‐潜伏キリシタンと仏教徒の墓‐」合田幸美氏

「明石市の近世墓地-雲晴寺跡、源太塚の調査から-」稲原昭嘉氏

「山陰における近世墓地の考古学的検討」中森 祥氏

「大分県下における近世墓地発掘調査の成果について~女狐近世墓地・中尾近世墓地の発掘調査を中心として~」吉田 寛氏

「熊本市智照院細川家墓所‐熊本藩上級武士一族墓の調査‐」美濃口雅朗氏

 

http://www.kankinken1989.sakura.ne.jp/taikai2023_02.html

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年11月 8日 (水)

考古学フォーラム情報BOX894

▼ 発掘調査========

  • 岐阜県岐阜市

「令和5年度芥見町屋遺跡現地見学会」

 長良川左岸の自然堤防上に立地する芥見町屋遺跡の調査において、弥生時代後期から古墳時代初頭、飛鳥時代から平安時代前半の集落跡を確認しました。当日は遺構の一部を現地公開するとともに、出土品の展示を行います。

 

日 時:20231125日(土) 13:3015:30

会 場:芥見町屋遺跡発掘調査現場(岐阜市祇園地内)

備 考:参加費・事前申込不要

Akuta  

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/328019.html

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

2023年11月 2日 (木)

考古学フォーラム情報BOX893

▼ お知らせ========

 考古学フォーラムメールアドレスに関する不具合は解消されました。ご迷惑をお掛けしましたことお詫び申し上げます。

 

▼ 展示会・講演会・研究会========

  • 一色学びの館

「弥生時代の西尾」

 一色学びの館では、令和元年から毎年西尾の遺跡を紹介する展示を開催しています。第5回となる今年は弥生時代にクローズアップ。市内遺跡の発掘調査成果や出土資料を通して弥生時代の西尾を紹介します。

 

会 期:20231021日(土)〜18日(日・祝)

会 場:一色学びの館 1階多目的室(西尾市一色町一色東前8番地)

休館日:毎週月曜日(18日は開館)1229日〜13

入場料:無料

 

講演会等:

西尾市文化財講座「弥生時代のコメ作り」

 弥生時代の「コメ作り」について実験考古学など最新の研究成果を紹介。三河地方でどのようなコメづくりが行われていたかに迫ります。

日 時:2023123日(日)13:3016:15

会 場:一色町公民館コンベンションホール(西尾市一色町一色東前新田8)

定 員:80名(予約不要)

参加費:無料

内 容:

「弥生土器の波及と変容」黒澤 浩 氏(南山大学教授)

「初期農耕の実像―登呂遺跡での実験から―」篠原 和大 氏(静岡大学教授)

「弥生と令和のあさひムラ―東海屈指の大集落から紐解く弥生文化―」原田 幹 氏(あいち朝日遺跡ミュージアム学芸課長)

Nishio

https://isshiki-ccp.jp/event/entry-864.html  

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。

展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、

NQC10551@nifty.com 河嶋までお送り下さい。

ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0)

«考古学フォーラム情報BOX892