2018年5月12日 (土)

考古学フォーラム情報BOX708

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会総会
日にち:5月19日(土)
会場:豊橋市カリオンビル 多目的室
・日 程:
13時15分 総会開始
13時50分 総会終了
14時00分 シンポジウム開始  「東海地方〜関東の縄文時代草創期の土器」
14時00分 開始挨拶
14時05分〜14時35分 村上昇「西側北遺跡第4次発掘調査出土土器について」
14時35分〜15時05分 宮崎朝雄「北関東、長野から見た草創期後半の様相」
15時05分〜15時35分 池谷信之「静岡県東部から見た草創期後半の様相(仮)」
15時35分〜15時50分 休憩
15時50分〜16時15分 討論・質疑応答 ※状況によって16時30分まで延長
16時15分 閉会挨拶、撤収作業 
16時45分 撤収作業終了

Photo 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 大府市歴史民俗資料館:
企画展「中世山茶碗〜大府の窯業と西国の土器〜」
日 時:平成30年5月19日(土)〜平成30年7月1日(日)
    午前9時から午後6時(展示室への入館は30分前まで)
場 所:大府市歴史民俗資料館企画展示室
内 容:川池西古窯(桃山町)と石亀戸古窯群(横根町)の発掘調査報告書が刊行されたことを記念して、成果報告の企画展を開催します。また、西国から出土された瓦器との比較や瀬戸窯、知多窯の特徴等、中世の窯業を紹介します。
料 金:無料
休館日:毎週月曜日、月末最終金曜日

Photo_2


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

考古学フォーラム情報BOX707

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 第69回名古屋東アジア史研究会
日 時:2018年5月14日(月)18時30分より
場 所:南山大学第一研究棟4階 エレベーターホール右奥の会議室
発表者:伊藤秋男 木村光一
内 容:「韓国慶州 金冠塚の調査」
 1921年の調査で新羅積石木槨墳について、世間の瞠目を開き、2015年に再び調査のメスが入った金冠塚について、新旧2回の調査成果を出土遺物を中心に検討します。
※ なお、当日資料代金として、200円をお願いします。
※ 本研究会についてのお問い合わせは下記まで。南山大学へはお問い合わせにならないようお願いします。
問い合わせ先:
 名古屋市昭和区楽園町93
  名古屋市立川名中学校 木村光一 052-832-2230

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 瀬戸市美術館:
特別展「越中瀬戸焼—桃山から現代へ—」
 本展では瀬戸と関りがある越中瀬戸焼について、その初現となる桃山期の窯跡の資料をはじめ、江戸時代から現代に至るまでの作品を展示します。
日 程:平成30年04月14日(土) 〜 平成30年06月10日(日)
http://www.seto-cul.jp/archive/seto-museum.php?h=30

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 瀬戸蔵ミュージアム:
企画展「新出土品展 陶祖公園は窯ざかり」
期 間:平成30年4月28日(土)〜7月29日(日)
今回の企画展は「陶祖公園は窯ざかり」と題して、古くから幾度も築かれた同公園の窯を紹介します。ぜひ本展覧会で、一連の調査成果で出土した陶磁器を通してみていただきたいと思います。
http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2011031500146/

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

考古学フォーラム情報BOX706

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 岐阜県文化財保護センター:
サテライト展示(大垣市)「“食”の考古学展」
期 間:平成30年4月20日(金)〜平成30年8月8日(水)
場 所:大垣市スイトピアセンター文化会館1階ロビー(大垣市室本町5丁目51番地)
内 容:
 「食」をテーマに主に大垣市内の遺跡で出土した縄文時代から近世にかけての調理に用いた遺物を展示します。また、当時の調理方法について図や写真で紹介します。
その他:文化財保護センター職員による展示解説を以下の2回行います。
    4月21日(土)10:00〜、13:00〜
※詳細は以下をご覧ください。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27221/event/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 高浜市やきものの里かわら美術館:
「シルクロードの甍(いらか)−往き交う暮らしと祈り 西安に届いた三州瓦−」
会 期:平成30年4月14日(土)〜6月17日(日)
休館日:月曜日、火曜日、5月2日(水)《ただし 4月30日(月・休)は開館》
中国の古都・西安にある大慈恩寺(だいじおんじ)は、三蔵法師玄奘ゆかりのお寺です。2011年、伽藍の一部が新築された際に、三州瓦が選ばれました。
本展では、海を渡った三州瓦や所蔵の瓦に加え、中国からシルクロードを通り広がった唐三彩のやきもの等を紹介します。
異国情緒溢れるシルクロード文化をお楽しみください。
★講演会「古都西安とシルクロードの文物」(企画展「シルクロードの甍」関連企画)
シルクロードの起点と言われる陝西省西安(唐の長安)について、中国古代の文明が栄えた地としての歴史と、唐三彩や白磁をはじめとする東西交流を示す文物の観点から紹介します。
日 時:4月30日(月・休)午後2時〜
講 師:田畑 潤 氏(愛知県陶磁美術館学芸員 専門分野:中国考古学〈中国古代〉)
場 所:3階モノコトギャラリー(予定)
参加費:無料
定 員:40名(先着順)
申込み:電話・メールで受付しています
    電話 0566-52-3366
    メール info@takahama-kawara-museum.com(メールの場合は、イベント名、参加人数、代表者名、電話番号をご記載ください)
http://www.takahama-kawara-museum.com/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 本巣市古墳と柿の館:
★船来山古墳群赤彩古墳の館「春の特別開館」
期 間:平成30年5月3日(祝木)〜6日(日)
開館時間:午前9時から午後4時
会 場:古墳と柿の館 本巣市上保1-1-1
★企画展「前方後円墳の時代と古代人のくらし」
期 間:平成30年5月3日(祝木)〜6月29日(金) 
開館時間:午前9時から午後4時
http://www.city.motosu.lg.jp/life/kyouiku/funakiyama/kohun/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 松阪市文化財センター:
平成30年度学習支援展示「大昔のくらし〜きみものぞいてみよう〜(縄文・弥生・古墳時代)」
期 間:平成30年4月14日(土)〜6月3日(日)
場 所:はにわ館第2展示室
https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/bunkazai-center/

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

考古学フォーラム情報BOX705

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古西三河定例会:
日 時:平成30年4月19日(木曜)午後7時〜
場 所:安祥公民館(安城市歴史博物館・埋蔵文化財センター隣)
発表者:山口遥介(岡崎市教育委員会)
題 名:平成29年度の岡崎市の発掘調査

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 大府市歴史民俗資料館:
「歴史講座−山茶碗 —集落遺跡でみた中世尾張のやきもの—」
日 時:5月26日(土) 午後1時30分〜3時
内 容:企画展「中世山茶碗展」開催の関連事業として、尾張地域の消費地(集落遺跡)から出土する山茶碗の特徴についてわかりやすく講演してもらいます。
講 師:武部 真木(愛知県埋蔵文化財センター調査研究専門員)
場 所:大府市歴史民俗資料館 0562-48-1809
対 象:一般
定 員:30人(先着順)
料 金:320円
申し込み:4月17日(火)から料金を添えて直接歴史民俗資料館へ。

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

考古学フォーラム情報BOX704

∬∬∬∬∬∬∬ 考古学フォーラム情報BOX704∬∬∬∬∬∬∬
∬∬∬∬∬∬∬       2018. 4. 10 ∬∬∬∬∬∬∬


◆ 展示会・講演会・研究会========
● 考古学フォーラム シンポジウム
「2、3世紀の伊勢湾岸世界を探る」

日 時:2018年6月23日(土)・24日(日)
場 所:アンフォーレ
    446-0032  愛知県安城市御幸本町12番1
    JR東海道本線安城駅南口から徒歩5分
内 容:
 シンポジウムが開催される安城市には、弥生時代から古墳時代前期にかけて続く「鹿乗川流域遺跡群」が存在します。遺跡では各地の外来系土器が出土し、「交流拠点集落」のひとつとして、遺跡群の関係や集落・遺物の様相が検討されてきました。また他の地域でもこのような交流拠点集落の存在が指摘され、この時期に活発なモノの交流があったことがわかってきています。ただ現状では、このような交流拠点集落が、地域の中でどのような役割を果たしていたのかはまだはっきりしていません。
 今回のシンポジウムでは、地域色と交流拠点という視点から、2〜3世紀の伊勢湾岸地域社会を考えます。シンポジウムではまず土器を素材にして、伊勢湾岸地域にどのような地域色があり、互いにどのように関連していたのかということをみていきます。次に交流拠点集落の様相とその地域の中でどのような役割を果たしていたのか、さらに墓・祭祀との関係性、域内交流と遠隔地交流といった問題を検討し、伊勢湾岸世界とそこにある交流拠点集落の実態に迫っていきたいと思います。
○ 6月23日(土)
開会と趣旨説明  13:30〜13:40
I .発表 
1. 土器の地域色と地域間関係
(1)西岸  13:40〜14:20  川部浩司
(2)濃尾  14:20〜15:00  宮腰健司 
休憩15:00-15:20
(3)三河  15:20-16:00  鈴木とよ江
(4)遠江・駿河  16:00-16:40  中嶋郁夫
(5)若干の質疑・応答 16:40-17:30

○ 6月24日(日)
2. 交流拠点の実態と地域間関係
(1)西岸  9:40-10:10  石井智大
(2)濃尾  10:10-10:40  石黒立人 
休憩10:40-11:00
(3)三河  11:00-11:30  川崎みどり
(4)遠江・駿河  11:30-12:00  渡井英誉
(5)中・南信 12:00-12:30  市澤英利
昼食 12:30-13:30
Ⅱ.シンポジウム13:30-15:30
1地域社会の編成と動態
2交流拠点とは何か、その動態と役割
3域内交流と遠隔地交流

問い合わせ先:考古学フォーラム 宮腰健司 
       NQC10551@nifty.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

考古学フォーラム情報BOX703

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古西三河定例会
日 時:平成30年3月22日(木曜)午後7時〜
場 所:安祥公民館(安城市歴史博物館・埋蔵文化財センター隣)
発表者:森村知幸(岡崎市教育委員会)
題 名:中世における銭貨の流通について-中世都市鎌倉を中心に-

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

考古学フォーラム情報BOX702

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 三河考古学談話会 東三河例会のご案内
日 時:3月14日(水) 19:00〜 
会 場:豊川市埋蔵文化財調査事務所
発 表:「灰釉陶器深椀について(仮)」(豊橋市文化財センター 片桐さん)
協議事項:平成30年度の体制についての協議
※来年度の例会の内容と、運営委員などの体制について協議します。積極的なご参加をお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 鈴鹿市考古博物館:
速報展「発掘された鈴鹿2017」
日 時:平成30年3月10日(土)から6月17日(日)まで
会 場:考古博物館 特別展示室
観覧料:無料 ※常設展示は別途観覧料が必要です。
http://www.edu.city.suzuka.mie.jp/museum/

Photo_2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 静岡市立登呂博物館:
企画展「ウトウ・トロ・タカノミチ」
弥生時代を代表する登呂遺跡。実は、その近くにも多くの遺跡が眠っています。
中でも「有東遺跡」、「鷹ノ道遺跡」は隣り合った、いわば「お隣さん」とも言える遺跡です。この三つの遺跡に残された遺構や遺物をみると、大変深いつながりがある遺跡ということが分かります。
では、これら区別された「遺跡」とは?どんな違いがあるのでしょうか?それとも実は、同じもの?弥生時代の集落形態に迫る展示です。
会 期:平成30年3月21日(祝・水)−平成30年6月10日(日)
会 場:静岡市立登呂博物館 2階 特別・企画展示室
★企画展関連講演会「弥生、登呂」
日 時:2018年3月21日(祝・水) 13:00 ? 16:30
講 師:福永伸哉(大阪大学大学院文学研究科教授)
    禰宜田 佳男(文化庁記念物課主任文化財調査官)
    伊藤寿夫(登呂博物館館長)
対象者:どなたでも60名(要予約)
参加費用:200円
受付方法:3/1から登呂博物館(054-285-0476)にて受付開始
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/

Photo

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●土岐市美濃陶磁歴史館:
企画展「土岐市の古窯—御殿窯—」×「重要文化財公開 元屋敷窯跡出土品展」
茶の湯の流行に呼応して美濃で誕生した織部。
織部が焼成されたのは、唐津から導入された巨大な連房式登窯でした。
本展では、初期の2つの連房式登窯「御殿窯」と「元屋敷窯」の出土品を一挙に公開します。
日 程:平成30年2月23日(金)〜5月27日(日)
http://www.toki-bunka.or.jp/?page_id=14

1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

考古学フォーラム情報BOX701

▼ 発掘調査========
● 豊橋市:
「吉田城址 鉄櫓(くろがねやぐら)下石垣の発掘調査 現地説明会」
池田輝政が築いた野面積みの石垣を調査し、特異な基礎構造を確認しました。東海地方において、織豊期の石垣の基礎構造が把握された事例は極めて少なく、対徳川家康の東海道における要と位置づけられた、吉田城の特質を意識させる遺構ともいえます。
日 時:3月4日(日) 10:00〜11:30、14:00〜15:30の間、随時
会 場:吉田城址(豊橋公園本丸広場集合 ※豊橋市今橋町)
駐車場:豊橋公園駐車場などをご利用ください
その他:小雨決行
問合せ:豊橋市文化財センター TEL0532-56-6060
    ※説明会当日は豊橋市美術博物館TEL0532-51-2882

◆ 展示会・講演会・研究会========
● 浜松市博物館特別講座
「土器は何を語るか」
講 師:浜松市博物館長 鈴木敏則
日 時:平成30年3月18日(日)
    午後2時30分〜4時30分  開場 午後2時
会 場:浜松市博物館講座室
    浜松市中区蜆塚四丁目22−1
定 員:80名(当日先着)
博物館の入館料がかかります。
問い合わせ 053−456−2208

Photo_2
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● くるべ古代歴史館:
国指定史跡 久留倍官衙遺跡ガイダンス施設 くるべ古代歴史館開館記念展 
「壬申の乱ゆかりの地〜吉野・宮滝〜」
開催期間:平成30年3月25日(日)〜5月13日(日)(会期39日) 
     午前9時から午後5時 
     月・火曜日・4月11日(水)休館(ただし3月26日・3月27日・4月30日は開館)
開催場所:国指定史跡 久留倍官衙遺跡ガイダンス施設 くるべ古代歴史館
     企画コーナー(入場無料) 
     四日市市大矢知町2323−1
主 催:四日市市教育委員会
開催趣旨:
 国指定史跡久留倍官衙遺跡にゆかりの壬申の乱に関連する遺跡について出土資料と写真パネルで紹介する。関連遺跡の出土資料や写真パネルを展示することによって、古代史上の著名な遺跡と市内の身近にある久留倍官衙遺跡の関連について学ぶことによって、郷土愛の高揚につなげ、また市内外へくるべ古代歴史館のオープンを周知することを目的する。
内 容:
壬申の乱のゆかりの奈良県宮滝遺跡から出土した遺物や壬申の乱に関連遺跡の写真パネルなどを展示。
主な展示品:
資 料   『日本書紀』巻28(版本)(四日市市立大矢知興譲小学校)
出土資料  奈良県宮滝遺跡出土土器(奈良県立橿原考古学研究所)
写真パネル  飛鳥京跡第104次調査出土木簡「伊勢国」「大津皇」「辛巳年」(同上)
      飛鳥浄御原宮模型(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)等
★関連イベント
記念講演会「歴史と歌と−久留倍の里から」
日 時:平成30年4月21日(土)午後1時〜午後3時
場 所:あさけプラザ
講 師:上野 誠(奈良大学教授)
受講料:無料
申込み:不要
http://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1518586003322/index.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 国府史学会(高山市)「日本遺産関連事業 in 飛騨国府」
★第1弾「古代史講演会」
日 時:平成30年3月3日(土)14:00〜15:30
会 場:こくふ交流センター2階・多目的室
    (岐阜県高山市国府町広瀬町880-1)
講 師:鈴木景二氏(富山大学人文学部教授)
演 題:「古代の国府地域をめぐる諸問題 ─峠・国府・飛騨匠─」
※参加無料・予約不要
★第2弾「国府遺産コミュニケーター」養成講座
趣 旨:
日本遺産の構成文化財を含む国府地域の歴史文化遺産を《国府遺産》と捉え、
調査研究の成果をふまえて地域の歴史・文化のもつ魅力を子供たちや来訪者に
ガイドできる人材(=「国府遺産コミュニケーター」)を養成します。
今回はその入門編として、自分で調べ学ぶことができるスキルの習得をめざして
3コマ開講します。
日 程:
《第1講》平成30年3月10日(土)13:30〜15:00
    堀 祥岳氏(高山陣屋学芸員)
    「飛騨地域史研究入門 ─自分で調べるためのブックガイド─」
《第2講》平成30年3月17日(土)13:30〜15:00
    牛丸岳彦氏(高山市教育委員会文化財課)
    「飛騨考古学入門 ─考古資料・発掘調査報告書の見方・調べ方─」
《第3講》平成30年3月17日(土)15:15〜16:45
    早川万年氏(岐阜大学教育学部教授)
    「飛騨地域史への視座 ─飛騨の歴史をいかに読み解くか─」
会 場:こくふ交流センター2階・研修室A
    (岐阜県高山市国府町広瀬町880-1)
定 員:20名(要申込、先着順、原則として全日程参加できる方)
申込先:3月7日までに「国府町まちづくり協議会事務局」へ電話(0577-72-4480)
※参加無料

問い合わせ先:国府史学会 会長・堀祥岳(090-2555-4509、donbiki@gmail.com)

Photo

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

考古学フォーラム情報BOX700

◆ 展示会・講演会・研究会========
● かわら美術館:
館長講座「飾り瓦の歴史と文化」
 飛鳥時代から古代・中世・近世を経て、現代までの屋根を飾る装飾瓦を概観します。それらを生み出した歴史的背景を考えるとともに、装飾瓦に対する人々の美意識にまで迫ります。
日 時:3月17日(土) 午後2時〜4時(予定)
講 師:井口喜晴(かわら美術館 館長)
参加費:無料(定員40名)
申込み:電話・メールにて受付中です
電話:0566-52-3366 / メール:info@takahama-kawara-museum.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● ワークショップ:「東海旧石器遺跡マッピングパーティー」
主 催:日本旧石器学会データベース委員会
共 催:東海石器研究会
日 時:2018年3月10日(土)10:00〜17:00
場 所:名古屋市 南生涯学習センター 第2集会室
名古屋市南区東又兵ヱ町5-1-10  tel;052-613-1310
http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000051826.html
(市バス「総合体育館南」下車北へ約500m /JR「笠寺」下車西へ約500m)
目的と内容:
1. 日本列島の旧石器時代遺跡データベースの改訂・更新版について説明します
2. 改訂・更新作業で重要な、位置情報の確認・追加訂正入力と、文献情報に関するデータベース連携について、実作業を通じて習得してもらいます
3. 入力結果を地図化する方法を学びます

事前準備:
 ・Wi-Fi接続可能なコンピュータをお持ちください
 ・作業上必要となるGoogleアカウントを取得しておいてください(既存アカウント使用可)
 ・事前配布するマニュアルを各自読み込み、可能ならば自習してみてください
 ・作業用のデータをGoogleドライブで共有します。事前に確認してください

プログラム:
10:00〜 新しい「日本旧石器時代遺跡データベース」の目指すもの(野口 淳)
10:20〜 旧石器データベース更新作業の着眼点(光石鳴巳)
10:50〜 マッピングパーティー1:東海地方の現行データの確認、入力、
文献情報のデータベース連携、入力結果の地図化
12:30〜 (昼食休憩)
13:30〜 マッピングパーティー2:入力データの検討、遺跡の分布・立地から何が見えるか
15:30〜 意見交換・まとめ

参加申込:
 ・事前にマニュアル、作業用データを配布・共有します。必ず3月4日(日)までにお申し込みください。
 ・申し込み先:fujimicho0@hotmail.com(データベース委員会委員長、野口宛)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● 平成29年度設楽ダム関連発掘調査成果報告会
「新設楽発見伝4」
日 時:平成30年3月3日(土曜)午後1時00分〜午後4時00分(受付開始:午後12時30分)
会 場:設楽町田口特産物振興センター(北設楽郡設楽町田口字向木屋3-1)
主 催:設楽町教育委員会、国土交通省、愛知県埋蔵文化財センター、愛知県教育委員会 
 ※平成29年度の設楽ダム関連発掘調査成果を発表し、出土遺物も展示します。また、大名倉地区の縄文時代を考えます。
 ・発表1 平成29年度の設楽ダム関連の発掘調査  野口哲也(愛知県教育委員会)
 ・発表2 大畑遺跡の発掘調査  鈴木恵介(愛知県埋蔵文化財センター)
 ・発表3 マサノ沢遺跡の発掘調査  永井宏幸(愛知県埋蔵文化財センター)
 ・発表4 西地・東地遺跡の整理調査  川添和暁(愛知県埋蔵文化財センター)
 ・講演 私たちが北設楽で縄文時代の遺跡を調査したころ  平野吾郎(磐田市文化財保護審議会会長)
・座談会 大名倉地区の縄文時代遺跡
      平野吾郎
      川添和暁
      永井邦仁(愛知県埋蔵文化財センター)

4_1

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

考古学フォーラム情報BOX699

▼ 発掘調査========
● 安城市:
「塚越古墳現地説明会」
日 時:平成30年2月17日(土)午前10時から 小雨でも開催します。
場 所:安城市古井町塚越28(願力寺境内)
駐車場:古井町内会前・JA古井支店裏をご利用下さい(徒歩5分)。
問い合わせ:安城市教育委員会文化振興課(安城市歴史博物館内)
電話 77-4477 担当 文化振興課長 鈴木、文化財係長 斎藤

1_2

2

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▽ 考古学フォーラム情報BOXに掲載する、東海地方(三重・岐阜・愛知・静岡)の考古学に関する情報を募集しております。展示会・講演会・研究会・出版物・発掘調査・現地説明会の情報など、
NQC10551@nifty.com 宮腰までお送り下さい。
ホームページアドレス  http://a-forum.air-nifty.com/blog/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«考古学フォーラム情報BOX698